自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.09.14

株式会社アサヤマ建設・代表取締役 朝山 晃司さん【前編】

現代の暮らし方、働き方に。グリーンを取り入れ、より快適な空間づくりを

SHARE

現代の暮らし方、働き方に。グリーンを取り入れ、より快適な空間づくりを
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

栃木県宇都宮市や真岡市を中心にエクステリア業を営む株式会社アサヤマ建設。この地域には、長年にわたりこの地で暮らすご家族から、自動車関連産業や精密機械産業に従事する30〜40代の現役世代も多いと言います。今回は、実は神戸生まれ大阪育ちだという代表取締役の朝山 晃司さんに、自然や自然を取り入れた生活の魅力についてお話を伺いました。

生きているもの=自然を身近に感じられる喜び

少年時代は地元・神戸の六甲山に登ったり、沢ガニを捕まえたりといった自然と直に触れ合うことは、いたって普通の子どもの遊びの範疇だったと振り返る朝山さん。といっても、山に登るようになったのは栃木に移転してからだそうです。

「ゴルフも好きなんですけど、ゴルフと山とどっちを取るか?と言われたら山ですね(笑)。男三人で渓流釣りに行くんですけど、春になればツツジや藤が咲いていたり、山に行けば自然が自ずと目に入ってきますから」

自社サイトのスタッフ紹介のプライベートショットではキノコ狩りをする楽しそうな写真が掲載されています。

「キノコや山菜を採ったり、川のそばにテントを張ってご飯を炊いたり。自然の音っていうのは、例えば滝の大きな音でも心を邪魔することがないんですよね。大の大人男三人で満点の空をみて『うわ〜、天の川だ!』って、夜空の下で眠りにつくのは最高です(笑)」

今やすっかりアウトドア派な朝山さん。加えて、休日も会社に訪れて、植木や花々の水やりを欠かさないのだそう。そのきっかけは意外なところにありました。

「昔から植木が好きだったわけじゃなくて、ある日突然変わっちゃったんです。以前、うちの会社に猫が10数年居着いちゃって、みんなで可愛がっていたんです。でもある日を境に姿を見せなくなって——、亡くなったんでしょうね。それで急に寂しくなって、花を植えてみたら、どんどん増えちゃったんです。それまで花なんて興味もなかったのに(笑)」

その時に朝山さんは「生きているものが身の回りにあることが嬉しいんだ」と気づいたと言います。

「夕方、帰宅して草木がしおれていたら『暑かったんだな』と感じて、水やりをすれば、また次の日に元気になる。そこには生命力を感じます。玄関を出て、毎日必ず通る門や前庭の近くに木や花がないと、なかなかそういう気候の変化や命の営みには気づけない。自然を身近に感じられると気持ちが和むし、わかってきますよね。風も雨も温度も、全てが自然からできていて、それを感じ取れるのが人間らしさだとも思いますから」

事務所の中にも、水が常に循環する装置を設置。心地良いせせらぎに似た音が印象的でした。

家族の“真相”を知ってこそできる庭づくり

アウトドアだけではなく日々の生活からも自然の素晴らしさを体感してきた朝山さんですが、長く仕事をしてきたこの栃木県は生活圏としては都会でも田舎でもないと言います。

「栃木という場所は、いわゆる本当の田舎ではない中間的なエリアなんです。なので、エクステリアのご相談もお隣との境界線、目隠しを必要とする合理的なご相談が多いんですね。30〜40代の働き盛りで多忙なご家族が多いので、木や天然芝は手入れが大変だとおっしゃる方が大半です。逆にご主人がリタイアされたご家庭だと、奥様がバラが好きで本格的なガーデンにされたりと、両極端なのが実情ですね」

自然豊かなお庭がお子さんの成長や情操教育に良いとわかっていても、庭の手入れにかける時間がない──、多忙な共働き家庭の現実も十分理解できる。管理のしやすさを重視するあまり無機質な庭になりがちなこともわかった上で、朝山さんは自然のある庭の良さをお客様の「本当はどんな庭にしたいか?」という真相に迫ることで、より良いプランを提案できると言います。

「お客様の要望を形にするだけならAIでできる話で。お客様が『ここに駐車場』『ここに門』とボタンを押せば、設計図が完成してしまう時代はすぐ来るでしょう。でも、そうではなくて、我々はお客様が潜在的に希望しているけれど、言葉では表せないものをプロの目線で引き出して形にして見せてあげることができるんです。そこから始めないと本当の意味でのプランは立たないんです」

心地良い空間づくりにはグリーンが必要

最近ではワークスタイルの変化に伴い、那須塩原に自宅を構え、新幹線で都心へ通うお客様もいらっしゃるそうです。

「埼玉から那須塩原に引っ越して来られた方がいます。週末にはご両親も遊びに来られるので、お庭にガーデンルームの設置を考えているんだというご相談でしたね」

テレワークの導入で週に一回か二回、都心のオフィスに出社すれば仕事は十分可能な時代はすぐそこまできています。

「今すぐではないにしても、在宅で仕事ができるようになってくると、逆に家庭の中に自然というものがもっと取り入れられていくと思います。今、都会で仕事をしている人もオフィスにグリーンが欲しいのと同じように、その先にはより身近に自然がある土地で仕事をしたり、緑に囲まれた環境で仕事をするようになったりするんじゃないでしょうか。これまで通勤に使っていた時間の一部でも庭の手入れに使えるんだったら、もっと植物を植えてみたいと思う人が出てきてもおかしくないでしょうね」

1日24時間という限られた時間の中で、少しでも自然に手をかける時間を持つことで、人間の脳はリラックスできるのではないでしょうか。


働き盛りで庭にはなるべく手をかけたくない合理的な人、自然豊かな環境に自宅をシフトし、新たなライフスタイルを手にいれた人、リタイア世代でご夫婦ともにお庭を楽しんでいる人。幅広い世代のお客様のニーズに合わせたお庭づくりの実績のあるアサヤマ建設は、働き盛りの現役世代に対して、現在だけではなく、10年後、20年後の未来のお庭づくりやライフスタイルの設計図も一緒に描くことができます。後編では、現役世代のお客様の相談事に対するアドバイスや朝山さんの考え方をお伺いします。

プロフィール

朝山 晃司

1958年生まれ。株式会社アサヤマ建設代表取締役。兵庫県神戸市生まれ。1994年に会社を設立、栃木県宇都宮市、真岡市を基点に地域密着型の外構、エクステリアショップとして数多くの施工を手がける。1級建築施工管理技士、2級建築士、2級土木施工管理の資格を保有。


HP:https://asayamakensetu.co.jp/

Text:石角 友香
Photos:大石 隼土