自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.09.14

スペースガーデニング株式会社・取締役 宍倉 彩乃さん【前編】

全て自然が教えてくれた。外で快適に暮らす大切さと豊かさ

SHARE

全て自然が教えてくれた。外で快適に暮らす大切さと豊かさ
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

スペースガーデニング株式会社では、千葉県八千代市を拠点に、30年以上、お庭・外構のデザイン設計や施工・管理を手がけています。庭師であるお祖父様、お父様の背中を見て育ち、「自然と同じ仕事を選んでいました」と、屈託なく応える宍倉 彩乃さんは同社で営業・設計を担当、取締役でもあります。子どもの頃から自然の中で遊ぶことが当たり前で、「自然にとりつかれています」と語る宍倉さんに、ご自身の自然体験や自然の魅力について語ってもらいました。

  • モダンなつくりが目を引くスペースガーデニング八千代本店。

子どもの頃の遊び場は、お客様の立派なお庭

スペースガーデニングのホームページにはスタッフ紹介のコーナーがあり、宍倉さんの紹介ページには、好きな場所「大自然に囲まれた場所、ビーチ、美しい廃墟」と書いてあります。なるほど、こちらまで明るい気持ちになる、快活な笑顔の宍倉さんには、そういった場所がとても良く似合いそうです。

お祖父様とお父様が庭師という家庭で育った宍倉さんは、物心ついた頃から植木と職人さんに囲まれていたといいます。

「子どもの頃、よくトラックで、祖父や父の現場に連れて行ってもらっていました。遊び場所といえば、植木がたくさん植わったお客様のお庭。祖父が剪定をしている時、自分の家のお庭よりもずっと広いお庭で遊んでいたんです。ですから、毎日遊ぶ庭が変わるんです。お客様に遊んでいただいたこともあります。それが当たり前のことだと思っていました。何か所も蚊に刺されながらも、夢中で遊んでいましたね(笑)」

海外で感じた自然の中で過ごすことの豊かさ

自らを「根っからの自然児」と語る宍倉さんのフィールドは、日本に留まりません。小学校のときに約2週間、交換プログラムでオーストラリアへ。小学生での海外体験は不安も多かったはずですが、ご両親の勧めもあり、ご自身は不安より楽しみのほうが大きかったのだとか。

「大学卒業後は、人生の夏休みということで(笑)今度は1年間、またオーストラリアへ行きました。オーストラリアでは、日本以上にガーデニングが日常生活に浸透しています。ガーデニングが盛んな場所で、植物について学びたいという想いがあり、オーストラリアに留学することを決めました」

この時はオーストラリア最大の都市であるシドニーに滞在し、ガーデニングを学ぶだけでなく、外で過ごす時間を愛するライフスタイルを体感しました。

「オーストラリアには日本ではなかなか見かけない植物もたくさんあります。現在、当社でもオーストラリアの植物を仕入れています。また、オーストラリアはカフェ文化が盛んです。カフェやレストランでも、外での飲食を好まれる方が多く、テラス席には人が溢れていても、室内に入ってみたらガラガラだった、なんてこともよくあります(笑)。湿気が少なく、虫が少ないということも大きいのでしょう。外でも快適に過ごすことができるので、みなさん外に出たくなるのでしょうね」

そう語る宍倉さん自身、外に出ること、そして「自然の中で過ごすことが大好きです」。

「いつも自然に“まみれて”過ごしています。休みの日はほぼサーフィン。九十九里や館山で、ショートボードを楽しんでいます。へなちょこなんですけどね(笑)。サーフィンが盛んなオーストラリアに行き、すっかり魅力にとりつかれてしまいました。潮にまみれて思いきり日焼けをして、女性として大丈夫かしらと思うこともありますが……。お客様には、“現場巡回焼け”ということにしています(笑)」

心地良い時間を過ごせる、一番身近な自然を味わえるのはお庭

現在の仕事を選んだのは、ごく自然の流れでした。

「気づけば父や祖父と同じ道を歩んでいました。迷いはなかったです」

自然全般が好だという宍倉さんですが、なかでも“水”にまつわるものに強く魅力を感じているそうです。「水が光を浴びて輝く様子は、本当に美しいと思います。木漏れ日とか、基本的にはきらきら系が好きかもしれません」と、宍倉さんは、健康的に日焼けした肌に、それこそ輝くばかりの明るい笑顔を浮かべます。

「私の場合、自然を取り入れるというより、自然に取りこまれてしまっているのかもしれません(笑)。子どもの頃から現在に至るまで、自然は私の遊び場です。我が家は家族揃って自然浴ファミリー。家族でキャンプをしたり、両親がゴルフをしていたので私も始めてみたりと、私の自然好きは家族の影響によるところが大きいと思います。 自然は人間の思い通りにはいきませんし、人間のちっぽけさを痛感することも多いです。でも、だからこそ、自然と近くいることでしか味わえないことがたくさんあると思うんです。自然は私にとって、遊び場であり、勉強の場でもあります」

  • スペースガーデニング内にあるプールにて。

長期のお休みは、「隙があれば(笑)、海外に飛んでいきます」という宍倉さん。

「私が生まれるずっと前からあるような建築物を見るのも大好きで、ヨーロッパにもよく足を運びます。古い建物が自然のあるべき姿と一体化し、時に自然に飲み込まれている姿には圧倒されます。ヨーロッパは何百年前の建物が、手を加えられ今も大切に使われています。そんな古い建築物が自然と共存する姿にはロマンをかきたてられます」

宍倉さんにとって、癒しであると同時に、私たちにたくさんの学びを与えてくれる“自然”と生きることは、子どもの頃からごく当たり前の“日常”でした。

「世の中には様々なタイプの自然がありますが、多くの方にとって一番身近な自然は、“お庭”だと思うんです。今あるお庭を120パーセント活用していただき、空のもとで心地いい時間を過ごしていただきたいですね。本当に気持ちがいいですよ!」

そう語る宍倉さんに、後半ではお庭をつくる上での心構えや、お庭づくりに関する具体的なアドバイスを伺っていきます。

プロフィール

宍倉 彩乃

1986年生まれ。スペースガーデニング株式会社 取締役。大学卒業後、オーストラリアに留学。その後、インターネットのエクステリア販売会社勤務で培ったノウハウをもとに、2012年に自らネット販売会社を設立。2017年にスペースガーデニング株式会社に入社。営業・設計を担当している。


HP:http://www.s-gardening.com/

Text:長谷川 あや
Photos:まるや ゆういち