自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.09.28

フォーカルポイントK・店長 篠原 和訓さん【前編】

自然を取り入れた理想の居住空間の叶え方

SHARE

自然を取り入れた理想の居住空間の叶え方
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

お庭づくり、と一口で言っても、その活用法はご家庭によってそれぞれ。家族のあり方が多様化する中で、お庭づくりについての理想や要望も年々変化しています。では、現場のプロフェッショナルはそのような変化にどう対応して、“自然浴生活”の将来をどのように見据えているのでしょうか。そんな疑問に対する興味深い回答を、現場にいらっしゃるプロの方から伺うことができました。

山梨県甲府市と甲斐市に拠点を置き、創業から70年の歴史を誇る株式会社甲府建材商会。建材商品の販売、生コンクリートの製造販売と並ぶ同社の中心事業の一つが、エクステリア&ガーデンリフォーム部門の「フォーカルポイントK」です。その店長を務める篠原 和訓さんにお話を伺いました。

八ヶ岳の麓でのびのびと育った少年時代

フォーカルポイントKで店長を務める篠原さんは、入社から20年にわたって現場にたずさわり、地域のお庭づくりをサポートし続けています。お庭と自然との関係性についての篠原さんの考え方は、元を辿ってみると幼少期の体験に原点がありました。

「私の生まれは山梨県の清里で、八ヶ岳の麓に位置する有名な観光地です。幼い頃には実家が民宿を営んでいて、敷地内に牛を飼う牧場もあり、広い牧草地が広がる自然豊かな場所でしたね。朝は小鳥のさえずりと共に目を覚まし、家のカーテンを開けると野生のリスや野ウサギがいるような生活をしていました。通学路も山道だったため、小学生の頃の遊び場はいつも大自然の中。結構やんちゃな方で、川をせき止めてダムを作るのに夢中になったり、冬には積もった雪でかまくらを作ったりして、学校に遅刻してしまったこともあります(笑)」

偶然か、必然か。幼年期の経験が活かされるお庭づくりの仕事

高校を卒業してから一時期東京に住んでいた篠原さんは、お母様のご病気をきっかけに山梨県に戻り、甲府建材商会に入社しました。当時はお庭づくりやエクステリアの仕事を担当するとは思ってもいなかったため、働きながら知識を吸収する日々。入社してから一年が経過した頃に担当した案件で、お客様のご要望を反映させて自ら考えたデザインが形になっていく過程を経験し、それが本格的にお庭づくりやエクステリアの仕事の面白さを発見するきっかけになったといいます。

自然と関わるお庭づくりやエクステリアの仕事に携わったのは偶然でしたが、現在お庭のデザインを提案する際には、植栽の取り入れ方などに幼少期の記憶が反映される部分もあるそうです。

「今は共働きのご家庭が多いこともあって、できるかぎり手のかからない、メンテナンスの簡単なお庭をご希望されるお客様が非常に多いです。雑草対策のためにも、少し空いたスペースは防草シートと砂利敷きにしたいというご要望も少なくありません。ただ、私個人としてはお庭には緑がある方がいいと思っているので、そういった場合には人工芝を勧めることがあります。それには、私が子どもの頃に芝を刈った後の牧草地でよく遊んでいた記憶も関係しているかもしれませんね。あとは、昔から野球が好きで後楽園球場や東京ドームに観に行っていたので、その憧れもあるかもしれません。もちろん、今の人工芝は見た目も本物に近づいていて、防草効果も抜群なので機能的な面でもお勧めです」

四季の移り変わりを感じながら、自然を身近に感じる生活を

メンテナンス面での機能性と、自然を取り入れたお庭づくりをどのように両立させていくのか。お庭やエクステリアのご提案をする時に、いつも悩ましいのはそのバランスなのだと篠原さんは言います。

「今はメンテナンスが簡単で目隠し効果もあるので、常緑樹が人気になっています。ただ、落葉樹をお庭に植えることで、四季を感じて自然をもっと身近に楽しんでほしいという思いもあります。春になると鳥がやって来て、夏は青々と生い茂り、秋には紅葉の時期を迎えて、落ち葉で冬の訪れを感じる生活というのは素敵じゃないですか。そういう情緒以外にも、落葉樹にはお家への光の入り方などで季節に合った利点もあります。夏の暑い時期には葉が茂ることで直射日光を遮ってくれますし、冬は葉が落ちて日の光を取り込みやすくなる。ただ、落ち葉の処理や虫など、手間がかかるのは確かですので、そこはお客様のご要望次第ですね。一点だけしっかりとお伝えするのは、お客様の希望で『全く虫の寄り付かない木を植えたい』と言われることが多々ありますが、そんな木はありませんということです(笑)」

窓外に見える景色と家の中の景色をトータルでデザインすることで叶う自然浴生活

自然を居住空間の中に取り入れ、ライフスタイルに豊かな彩りを加えていく。そんな“自然浴生活”の考え方は、提唱されてから30年が経過した今もお庭づくりにとって非常に重要だと、篠原さんは言います。“自然浴生活”を取り入れたお庭づくりにおける、将来的な展望をお聞きすると、長年現場を経験を積んできた篠原さんならではの答えが返ってきました。

「自然浴生活という言葉が提唱され始めた頃の考え方は、今でも十分に通用すると思うんです。20年程前には“緑のガレージ”といってガレージの上に植栽が植えられてお庭にもなる商材などもありました。本来は相反するものであるはずの“構造物”と“自然”をどのように共存させていくのか、それは今でもお庭づくりにとって重要な考え方で、変わっていません。ただ、今はお庭と室内とのつながりがより大事になってきているように感じます」

「私が理想とする“自然浴”の景色というのは、ガーデンルームから見える緑豊かな景色なんですね。それには、ガーデンルームと外の植栽だけでなく、ガーデンルーム内のインテリアや観葉植物も含めた、屋内外のトータルデザインが必要になると思うんです。極端な話をすれば、立派なガーデンルームを設置しても、周りにも中にも何もなければ、何が“自然浴生活”なのかという話になってしまいますから。商品だけではなく、周りの風景や、インテリアのコーディネートも含めたトータルなご提案で、お客様の理想の居住空間を実現するお手伝いができればいいですね」

後編では、篠原さんの20年にわたる現場での経験、そこで感じてきたお庭づくりのトレンドの変遷などを伺いながら、より具体的で実用的なアドバイスを頂いていきます。

プロフィール

篠原 和訓

1973年生まれ。「フォーカルポイントK」店長。八ヶ岳の麓に位置する山梨県北杜市出身。進学のため上京、その後山梨県に戻り株式会社甲府建材商会に入社。以来、同社のエクステリア&ガーデンリフォーム部門であるフォーカルポイントKで、地域のお庭づくりに携わる。趣味はスポーツ観戦、B’z LIVE参戦。


HP:http://e-koken.net/

Text:青山 晃大
Photos:大石 隼土