自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.09.28

有限会社 安江工業様・代表取締役 安江 茂樹さん【前編】

周囲の豊かな自然を活かした家で家族団らんの時間を。日本アルプスの麓の町の自然浴生活

SHARE

周囲の豊かな自然を活かした家で家族団らんの時間を。日本アルプスの麓の町の自然浴生活
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

日々の暮らしの基盤となる居住空間。それぞれのご家庭によって理想の居住空間は様々で、お子さんの誕生、成長、独り立ちと、その理想は暮らしの変化と共に移ろっていくものです。一人ひとりの人生、一つひとつのご家庭に歴史があり、それに合わせたお庭づくりやリフォームを進めることで、日々の生活はさらに豊かになっていくかもしれません。

そこでお話を伺ったのは、日本アルプスと諏訪湖に囲まれた自然豊かな長野県岡谷市を拠点として、事業を展開する有限会社 安江工業の代表・安江 茂樹さん。創業時から公共工事を請け負ってきましたが、15年前に一般のご家庭向けに外構・エクステリアを取り扱う事業形態へと転換。今では「お家まわりのリフォーム屋さん」として地域のお庭づくりをサポートしています。そこには、自然豊かな地元への想いと、自然と共存するお庭づくりを通して笑顔溢れる家族団らんの時間を増やしたいという強い志がありました。

東京生活を経て、「家庭築くなら」と緑豊かな地元・長野へ

岡谷市で生まれ育った安江さんは、小さい頃からごく自然に地元の山々を遊び場にしていたそう。その頃の思い出は、安江さんの“自然を取り入れた生活”にまつわる原体験となっているようです。

「小さい頃は裏に山があって、湖も近かったので、山でカブトムシを採ったり、サワガニを採ったりしてましたね。毎日のように友達と走り回ってました。子どもの頃から父の仕事を見ていたこともあって、中学に上がるころには自然とモノ作りに興味を持つようになりました」

とは言え、高校卒業後は東京の大学に進学し、勉学に励むかたわら、ジャズ研究会でドラムに熱中していた時期もあったという安江さん。当時は音楽の道でプロになりたいと夢見たこともあったそうですが、東京での暮らしを経験してみて改めて実感したのは、自然に囲まれた地元・長野県の素晴らしさでした。

「東京は住むところではないと思いましたね。そこで家庭を築くというイメージがどうしてもできませんでした。行くときには憧れていったんですけど、何せ田舎者ですし(笑)。家庭を持って生活していくなら、やっぱり地元が一番良いですよ」

家庭を持って暮らしていくのであれば、都会よりも、自然に囲まれた生活ができる地元の方がいい。そう感じた安江さんは、大学卒業後、お父様が創業された安江工業に入社して跡を継ぐことを決心します。安江さんの入社当時、安江工業は一般のご家庭向けのエクステリアを扱う事業ではなく、道路工事などの公共工事を請け負う会社でした。現在のように「お家まわりのリフォーム屋さん」として一般家庭のお庭づくりをサポートするようになったのは、今から15年前のこと。その思い切った事業転換の背景には、一般のお客様のための仕事がしたいという安江さんの想いがありました。

寒冷地の外構・お庭づくりで活かされた基礎づくりの技術

「公共工事の仕事は、完成しても誰にも“ありがとう”と言ってもらえないんです。完成すれば役所が引き取って、それでおしまい。でも、一般のお客様に向けた仕事で、お客様にご満足いただけるような仕事ができれば、面と向かって『ありがとう』と言ってもらえるんですよ」

そんな思いを強くしていたその頃、西暦も2000年代に入った頃、長野県では公共工事の仕事が激減。そのような時代の変化も手伝って、安江さんはお父様から跡を継ぐタイミングで一般家庭向けに外構工事やお庭づくりをメインとする事業を始めます。会社を一旦縮小するという大きな決断をし、倉庫の一画に相談スペースを設けての再スタート。当初は一般のご家庭の外構・お庭についての知識も少なかったため、様々な苦労があったといいます。

「仕事が欲しい時、公共工事は入札に参加すればいいのですが、一般向けの仕事はこちらから営業して会社のことを知ってもらわないといけません。そこで何が強みになるのかを考えてみると、お庭づくりに関して公共工事の実績が活かせる部分もあると気づいた。それは、お庭づくりをする上で大前提となる地盤の基礎工事が得意だという点です。長野県は寒冷地ですので、凍み上がりへの対策などは必須ですから」 凍み上がりとは、舗装をしたり構造物をつくった下の土が凍って構造物を持ち上げてしまう、寒冷地特有の現象のこと。長野県の冬は厳しく、気温がマイナス10℃以下になる日もあるため、見えない部分の基礎をしっかり施工することが何よりも大切なのだそうです。

「ずいぶん前のことですが、ガーデンルームやカーポートも含んだかなり大掛かりな工事のお見積依頼があったんです。結局その話は他の会社さんに決まって、とても立派なお庭ができていたんですが、一冬を越したらもう土間を壊して再び工事を始めていたんですね。業者さんに理由を聞いてみたら、凍み上がりで10cmも土台が上がってしまって、車が入れなくなってしまったというんです。凍み上がりの危険性のあるこの地域では、土地の基礎をつくる工事はそのくらい大事なのです」

身近な自然を生活に取り入れることで、自宅で家族団らんの時間を

公共工事を数多く請け負ってきた実績を活かして、エクステリアやお庭づくりをサポートする「お家まわりのリフォーム屋さん」に生まれ変わった安江工業。それから15年、安江さんは地元・諏訪地区に密着して様々なご家庭のお庭づくりにたずさわってきました。その中で、安江さんが感じたのは、自然に恵まれた環境を上手く活かしきれていないご家庭が少なくないということでした。

「この辺りのお家は、敷地がやたら広いことが多いのですが、お庭づくりを何もしていないために雑草が生え放題になっていることも多々あります。せっかく広い敷地があるにも関わらず、活用できていない。そうなると、ショッピングモールに出かけたり、レジャーに出かけたりと、休日の過ごし方はどうしても外出することが多くなってしまいます。それも悪くないのですが、そのスペースをお庭として活用できれば、自宅にいながら家族団らんの時間が過ごせると思うんです。せっかく自然豊かな長野で家庭を持つのであれば、お庭づくりを通してもっと身近に自然を感じてほしいですね」

“庭づくりを通して、お客様や地域の方々に笑顔をお届けすること。笑顔を結ぶ庭づくり”を企業理念に、お客様一人ひとりのご要望に丁寧に寄り添い、地域に密着したお庭づくりをサポートしている安江さん。後編では、これまでに扱ったお庭の事例やお客様とのエピソードを通じて、具体的なお庭づくりへのアドバイスを伺っていきます。

プロフィール

安江 茂樹

1965年生まれ。有限会社 安江工業 代表取締役。諏訪湖のほとり長野県岡谷市生まれ。建設業を営む父の影響でモノづくりに興味を持ち、大学を卒業後は父の元で知識と技術を身につける。父から事業を譲り受ける際に公共事業から一般のお客様の外構工事に転換し、現在に至る。お庭のプランを提案した際の驚きと感動、そしてお庭が完成した時のお客様の喜びの声をやり甲斐に、日々お庭づくりに励んでいる。


HP:https://www.ouchimawari.co.jp/

Text:青山 晃大
Photos:大石 隼土