自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.09.14

株式会社 東万・代表取締役 鈴木 理雄さん【前編】

本物の木が放つ自然のエネルギーの大切さ、ポテンシャルを未来へつなげる

SHARE

本物の木が放つ自然のエネルギーの大切さ、ポテンシャルを未来へつなげる
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

三重県津市に本社を構え、県内に三箇所のショールームや営業所を持つ株式会社 東万。国内の資材はもとより、ドイツのグラスハウスの販売、また、大規模な展示会を開催するなど、他とは一味違うお客様各々のニーズに応えるガーデンエクステリア事業を展開しています。今回は二代目代表である鈴木 理雄さんの未来を見据えたパワフルでユニークな庭のあり方を伺いました。

自然はただ自然のままでは“快適”ではない

「私の父はサッシの販売からこの世界に入っているんですが、当時、身近な自然を暮らしに取り入れる『自然浴生活』の講演をお聞きする機会があり、そこでお庭づくり、つまりガーデン&エクステリアという領域に可能性を感じたのではないかと思います。建材販売からガーデン&エクステリアという視野の広い考え方で商売を始めたのが、父たちの第一世代。一般のお客様向けのガーデン&エクステリアのご提案はそれ以来、事業の柱になっています。エクステリア業という業態が確立する前から直接お客様からお仕事を頂くスタイルで仕事をさせて頂いて、私が代表になってからはインターネットの通販や輸入物が増えたりしましたが、そこの柱は変わっていないですね」

社長ご自身、大学を卒業後大手エクステリアメーカーでガーデンルームの販売を経験していたこともあり、20年以上この商材を扱い、その進化も身近で感じてきたと言います。それだけに自然を取り入れた快適な生活の“快適”の部分に関しては、シビアにお客様がそう感じられるかどうかにこだわりが。

「自然はいいものだという前提はありつつ、特に最近は自然が過酷じゃないですか。猛暑とか大雨とか。ですので、家から外にそのまま出るのはあまり快適じゃないわけです。それで日よけを付けたり、屋根を付けたりすることで、少しでもお庭での生活が快適になるようなお手伝いが、ガーデンエクステリア業が目指すところだと思います。だって蚊に刺されてまで、外でお酒を飲んだりバーベキューしたいと思いますか?それをなんとかしないと人は集まってこない。オールシーズン、お庭をリビングとして使えるようにお手伝いするのが私の仕事だと思っていますね」

本物の木が放つエネルギーで自然を感じる

取材に伺った四日市市のショールームはガラス窓を自在に開閉できる吹き抜け構造の中に多彩な樹木が植えられ、床も様々な石材や木材をアレンジした、インスピレーションを刺激される空間です。

「皆さん自然を感じたいと思うんですよ。こういう風に視界に木があると自然を身近に感じられていいじゃないですか。私はいつも朝、ここで水撒きをするんです。そうするとマイナスイオンが出て、すごく気持ちがいい。機能性だけを求めた建材には出せないエネルギーが木にはありますからね」

ただ、それらの木も手に負えないものを選んでしまうとむしろ不快なものになってしまうと鈴木さんは言います。各々のお客様のニーズや世代、家族構成などを丁寧にヒアリングしながら、最適なプランを提案することは、ガーデンエクステリアの第二世代である、現在40代半ばの代表ならではの感覚でもあるのでしょう。

次世代が庭に求めるニーズを探る

国内の商材はもとより、ドイツのグラスハウスの総代理店として、ガーデンエクステリアへの興味が高いお客様を満足させたいという鈴木さんの志向の背景には、現在の若い世代のライフスタイルにおける変化への関心も。

「今、私は45歳なんですけど、将来性のある事業やお客様への提案を考えていかないと生き残っていけないという危惧があります。それに現実的に今の若い方の中には、車もいらないという人も増えてきていると聞きます。そうなるとエクステリアのあり方も当然変化してくるでしょうし、突き詰めていくと別になくても生活できると考える人も出てくる。でも、そうならないようにガーデンエクステリアを魅力のあるものにしていかないといけない。『これだったらお金や時間をかける価値があるよね』と思ってもらわなければいけないんです」

最近では県外を始め遠方からも四日市ショールームにご来店されるお客様もいる程、自社のウェブサイトでの情報発信などに力を入れているのも納得です。

庭の快適性と将来性を見据えている鈴木さんは、ガーデンエクステリアとテクノロジーの関係について、異業種の事例にも常に目を配っています。

「例えば私たちの仕事の中で『家庭菜園を作ってください』という要望は割とあるんです。つくることは簡単ですが、その後の日々のメンテナンスをするのはお客様。それは結構大変なことです。そこで、今はAIの力を借りて、この時間に水や肥料をやってくださいというのを全部教えてくれる技術もあります。そういうことをすでに他の業種がやっているわけです。いわばアナログな庭やエクステリアの分野にいろいろな業種が入ってくることによって、高機能化していくと思うんです」

すでに家電は外からアプリで管理できる時代。何よりも快適であることで、喜ばれ利用される庭であって欲しいと考える鈴木さんが、テクノロジーに着目するのももっともなことかもしれません。

庭と鮨は似ている?

また、2020年代以降の庭づくりを支える若い人材確保や育成にも積極的な東万。ウェブサイトを通じこれまでの経験に基づくシビアさと同時に庭づくりにおいてはユニークな持論を持つ鈴木さん。それは「庭と鮨は似ている」いうもの。その理由は……。

「庭はいくつかの自然な素材やその他アイテムのハーモニーだと思うんです。建築に比べるとアイテムはぐっと少ない。鮨の構成要素もネタとシャリだけです。でもネタに合わせてシャリを変えたり、シャリも大きさを変えたりする。ネタも大きければいいってもんじゃない。庭に植える木だって大きければいいってものじゃないと思うんです。どちらも構成要素はシンプルだけど、その分非常に奥が深いというのが共通項だと思うんです。ま、僕がお鮨が好きだからそう思うのかもしれませんが(笑)」

そんな話を新卒の社員に話したところ、その彼の実家が老舗のお寿司屋さんでちょっと恥ずかしくなったと正直に話す鈴木さん。社長の新しくて良いものを意欲的に取り入れ、仕事をユニークな視点で取り入れるスタンスはこれからのお庭づくりがまだまだ進化していく予感に溢れています。後編では実際のお客様からの相談や、押さえておきたい知識をお伺いしていきます。

プロフィール

鈴木 理雄

1973年生まれ。株式会社 東万 代表取締役。大学を卒業後、大手エクステリアメーカーでの勤務を通じてエクステリア業を学び、その後家業を継ぐ。国内の商材はもちろん、自社オリジナル建材やドイツ、イギリスの商材輸入、大規模な展示会なども開催。個人宅、公共施設の施工で三重県下のガーデンエクステリアを担う。


HP:http://toman.co.jp/

Text:石角 友香
Photos:大石 隼土