自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.09.14

株式会社二光・代表取締役 枇杷 光二さん【前編】

自然から得た“知恵”と“癒し”、自然を生活に取り入れる方法

SHARE

自然から得た“知恵”と“癒し”、自然を生活に取り入れる方法
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

“アウトドア”がブームからすっかり定着した感のある昨今。キャンプが趣味、という方も少なくないと思いますが、道具を整え、遠くまで出かけなければ自然を感じることはできないものなのでしょうか。もし自然を日々の生活に取り入れることができたら、それは私たちのライフスタイルにどのような変化をもたらすのか、その可能性について考えさせられるお話を伺うことができました。

自然豊かな福岡県宗像市、福津市、岡垣町を拠点に地域密着型の事業を展開し、「ヒト・地域・暮らしを輝かせる庭づくり」を提唱する、株式会社二光。その代表・枇杷 光二さんは、この地域で自然を取り入れたライフスタイルの普及に尽力し、お庭づくりや、そこから生まれる“暮らし”までをサポートするべく事業を展開しています。そこには枇杷さん自身の自然との関わり方が、大きく関係していました。

自然から“知恵”を得た幼少期、“癒し”を得た青年期

枇杷さんは福岡県福津市生まれ、宗像市育ち。緑豊かなこの地域に生まれ育った枇杷さんにとって、近隣の山、海、川は遊びのメインフィールドでした。幼少期は、山でカブトムシやクワガタを捕まえ、近隣の神湊(こうのみなと)の海水浴場に向かい、近所の川で魚掴みをして遊ぶなど、地元の自然を満喫する毎日。その経験は大切な学びにつながっていきます。

「自然相手だと、何が起きるかわからない部分があります。例えば、これは私が実際に体験したことですが、小さい頃に父とうなぎを釣りに行ってバケツで水を汲もうとしたところ、そのまま川に引き込まれて溺れたことがありました。でも、私はそういったことも含めて、とても貴重な経験だと思うのです。魚掴みをしているうちに、子どもながらに魚がいる場所を覚えるようになりますし、川辺を裸足で歩いていてガラスが落ちていると、そこから『危ないから、次はサンダルを履こう』と学習する。自然と触れ合う中で、『次はこうしよう』と“知恵”を働かせるようになると思うのです。人生の中で自然に教わったことは、本当にたくさんあります」

とはいえ、小さな頃から自然との距離が近すぎたことで、当初はなかなかその良さをあらためて意識する機会はなかったという枇杷さん。本当の意味で自然の魅力/緑がもたらす力に気づくことになったのは、学生時代に経験した大きな病気がきっかけでした。

小学生の頃から野球に打ち込んでいた枇杷さんですが、高校時代のある日、野球の練習中に意識を失い、倒れてしまいます。その後4日間生死をさまよい、奇跡的に一命をとりとめますが、大好きだった野球を続けることはできなくなってしまいました。これまで打ち込んできたものを突然奪われた喪失感は大きく、枇杷さんは失意の日々を過ごすことに……。しかし、そのとき心と体を徐々に快方へと向かわせてくれたのが、友人や先生をはじめとした地元で出会った多くの人々と自然だったのです。

「生死をさまよった後、一時の私は、社会に出て生きていく自信も気力もなくしてしまいました。でもその時に、部屋にこもっているよりも外に出て、太陽や風や空気に接した方が、病気の体が癒されるのを感じたのです。そうした経験の中で『外を活用することで、人は元気になれる』と気づき、今の仕事に真剣に向き合うようになりました。私自身が身をもって感じたからこそ、お客様にも自信を持って、自然や緑の魅力をお薦めできると思うのです」

オーストラリアで衝撃を受けた、自然のある暮らし

1998年には1978年に和光硝子アルミセンターを創業した先代のお父様の協力を得て、庭や外構の設計・施工を行う株式会社二光を設立。さらに「女性デザイナーによるオンリー・ワンな庭づくり」をコンセプトにした「SHINY GARDEN(シャイニーガーデン)」を立ち上げ、現在まで地域密着型の事業を続けています。その際大切にしているのは、「庭から生まれる“暮らし”をサポートする」ということ。その想いは、本社前に広がるショールームにも反映されています。

このショールームでは、実際の生活を連想させる様々なアイテムで彩られた展示によって、枇杷さんのビジョンを具現化。枇杷さんが海外で衝撃を受けたライフスタイルをヒントに、自身が考える自然と共に生きる生活の魅力を訪れた人に体感してもらえるよう空間をプロデュースしています。

「海外に行くと、緑に囲まれた生活がとても自然な形で存在しています。中でも私が衝撃を受けたのは、オーストラリアのシドニーやメルボルンの生活です。あの地の人々の生活は自然との距離がとても近く、自然と日々の生活とが、魅力的な形で結びついているのを実感しました。日本人は時間に“追われて”生活をしていると言われますが、向こうの人々はむしろ、時間を“もてあそんで”いたんですね。それを日本でも再現したいと思い、設計図も書かず衝動的に展示場をつくり始めてしまった程でした(笑)」

そうしたオーストラリアでのライフスタイルを通して、枇杷さんはもう一つ、重要な気づきを得ることになりました。

「オーストラリアでは、家と庭とがより一体化していて、その両方が“楽しむ場所”になっていました。生きるために必要な場としてだけ家があるのではなく、むしろ家や庭を“人生を楽しむ場所”として捉えている。だからこそ、そこに豊かな“知恵”が生まれていくのを感じたのです。また、向こうの方々はお庭づくりをプロにお願いする部分と、自分たちで作る/育てていく部分を上手く両立しているのが印象的でした」

“庭”から人々のライフスタイルを、地域のあり方を変えたい

お庭を「より人生を豊かにする、人生を楽しむための場所」として捉える──。過去の様々な経験が、枇杷さんの今のお仕事につながっています。そして枇杷さんが語ってくれたのは、核家族化が進む現代において、“庭”という場所が家族だけのものとして存在するのではく、地域の方々との交流の場になり、地域の形を変えていく可能性があるということ。お庭があることで家族のライフスタイルが変わり、その生活が地域に広がることで、結果として地域のあり方を変えていけるかもしれない。そう語る枇杷さんの表情は、力強い熱意に満ちていました。

「私は学生時代に一度倒れましたが、外に出て自然に触れることで、元気を取り戻していきました。日本人の生活は家の中と外で過ごす時間の比率が7対3、もしくは8対2とも言われていますが、今の仕事を通して、その比率を6対4くらいに変えていけたらと思っています。例えば、お庭を眺めながらコーヒーを飲むとき、そこで感じることは人それぞれですし、そこから見える景色も一度として同じものはないということが、庭の魅力です。季節によって風景は変わりますし、そのとき吹いている風によって、木々の揺れ方も異なります。そういった瞬間を通して、日々気づきがあって、自分の時間が生まれる。あるいは、人々と交流する時間が生まれる。そうした経験を通して、お庭がその方々にとっての『オンリー・ワン』な場所になってくれれば嬉しく思います」

後編では具体的なお庭の事例や、そこで出会ったお客様との思い出深いエピソードなどを通して、枇杷さんのお庭への思いや、具体的なお庭づくりのアドバイスを伺っていきます。

プロフィール

枇杷 光二

1971年生まれ。株式会社二光 代表取締役。1998年に株式会社二光を設立、さらに女性デザイナーによるOnly Oneの庭づくりをコンセプトに「SHINY GARDEN」を立ち上げ、多くの庭のデザインと施工を手がける。事業を通じて「人・地域・暮らしを輝かせること」が目標。


HP:http://www.nikou.jp/

Text:杉山 仁
Photos:次村 昭也

この記事はいかかでしたか?

この記事を他の人に紹介したい

exsior ブランドサイトはこちら