自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.26

ザ・ガーデン・エリアマネージャー 松崎 隆文 さん【後編】

目的なく付けた設備は意外に使わない──ビジョンあるお庭づくりで利便性と快適性を高める

SHARE

目的なく付けた設備は意外に使わない──ビジョンあるお庭づくりで利便性と快適性を高める
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

宮崎、鹿児島エリアで土木、建設業を半世紀営んできた都北産業株式会社。そのエクステリア部門の中で、一般のお客様向けの店舗として2003年に新たに発足したのが「ザ・ガーデン」です。前編では都城店店長の松崎 隆文さんが、エクステリアの仕事を通じて実感してきた、自然に直に触れることで得られる癒しについてお話しいただきましたが、後編ではお客様から寄せられる相談や、問題解決の糸口を伺いました。

お庭のスペースは合理的な問題をまず解決してから

「お客様から寄せられる相談で多いのは、目隠し、物置、自転車置き場など生活する上で不便に感じている部分です。一見、自然浴生活とはかけ離れているように感じられますが、生活に密接なそうした部分が整わないと、暮らしを豊かにするお庭のお話に進めないものなんです」

普段の生活を快適にするための収納などのスペースはいわば合理的に必要な部分。その使い方をクリアした上で、お庭づくりを考えていくという手順を踏んで行くそうです。

また、ほとんどのお客様が「お庭をきれいにしたい、リフォームしたい」願望を持ちつつ、具体的に何を解決したいか?お庭でどう過ごしたいのかといった具体的なビジョンを持っていないことは当然ながら多いそうです。

「特に新築の場合、家ができていない状況でのお庭の空間を想像するのは難しいので、せめて棟が上がった後か、一ヶ月ぐらい住んでみた後でお話ししましょうとお伝えします。どうしても若いご家族の場合、ご予算が限られてくるので、一ヶ月の間に気づいた問題をこちらが解いてあげて、納得できるプランをご提案します。目的もなく付けた設備は、意外と使わなかったということになりがちですから」

焦って色々な設備を付け足して行くことは容易ではあるけれど、最終的にこうありたいというビジョンを想像して庭づくりやリフォームに取り掛かることの大切さを力説する松崎さん。

「お客様に『おうちのどこでもっとも多く時間を過ごされますか?』と聞くと、たいていの方はリビングとお答えになります。外から見える部分がゴージャスなのももちろん素敵ですが、一番多くの時間を過ごすリビングから見えるところには何もない、ただ土があるだけ。時にはお隣の風呂場が見えるなんてこともあるわけです(笑)。限られた予算の中で何を重視するか?は、しばらくおうちで過ごしてみないとわからないですから」

人間の心理を安定させるデザインとは

例えば一戸建てのシンボルとも言えるお庭のデッキは、新築時から設置を希望するお客様が多いそう。

「最初から付けてみたものの、いざデッキに出てみると、周囲の視線が気になりあまり活用していないというお話はよくあります。なので、デッキの形はこれでいいのか?お隣の視線を遮る目隠しはどうするか?全体を考える必要があります」

松崎さんがご自宅のお庭にデッキを設置した時は、周囲の環境とのバランスに配慮しつつ、お庭で快適な時間を過ごすためのちょっとした工夫がありました。

「家族でバーベキューをしたりして過ごせるようにと設置したのですが、より快適な空間にするために塀の高さを工夫しました。最低限座った時にお隣の視線が気にならない高さは確保したのですが、必要以上に塀を高くしてしまうと威圧感を強く感じたと思います。そのわずかな差、ほんの20cm程度の差にこだわりました。お客様の中には、確実に視線を遮るために高さは欲しいけれど、閉塞感があるのはちょっと……という方もいらっしゃいます。そういったご要望に対しては、塀の高さは出しつつ、下の部分は空洞にして抜けをつくるなど、開放感を感じられるデザインを探っていきます」

  • 目線の高さだけを隠すというのも開放感のある空間づくりの一工夫。

前編で松崎さんがお勧めしていた天然芝も、実際にそのスペースに降りてもらわなければ意味がありません。

「芝生の空間とデッキ部分の高低差がありすぎると、リビングからのつながりがなくなってしまいます。そのためにも階段状にするのか、どんなデッキをつけて、芝生のスペースにつなげるのかは、しっかり検討する必要があります。デッキのリフォームのご依頼も多いので、最初の段階で気をつけていただいた方がいいでしょうね」

お手入れすら楽しくなる、理想のお庭をイメージする

エクステリアの仕事を通じて、芝生や木が暮らしに快適さを与えてくれる実感を得てきた松崎さん。

「芝は一週間に一回刈ってくださいねとお伝えすると、『週に一回?めんどくさい』と言われるんですが、その方がラクなんですよ。一ヶ月空くと手押しの芝刈り機では手に負えなくなるので。必要な道具や、適した肥料などはしっかりお伝えします。維持管理ができてこその快適さですし、お客様も慣れてくると楽しんで手入れをしていらっしゃいますよ」

自然の存在感を味わう上でお勧めしている木々も日頃のお手入れが肝心だと言います。

「常緑樹と言っても時期が来れば葉は入れ替わり、落ち葉が出ます。落葉樹は冬寂しいですが、四季の変化を感じさせる愛らしい木が多いです。要は好みなんです(笑)。よく考えていただきたいのは植える場所とお手入れについてです。門壁の前に植えるシンボルツリーが、場合によっては10年もすると育ちすぎて根元から切られている場合もある。それはちょっと悲しいですよね。また、こまめに刈り揃えれば、そこまで巨大化することはないんです。子育てと一緒で、肥料という栄養をあげて、時には散髪してあげてくださいねということです。相手は生き物ですから」

  • 手をかければ、それに応えてくれる植物たち。ショールームにはプルメリアが花をつけていました。

また、家族のライフスタイルの変化という意味では大都市も地方都市も似た傾向が窺えるお話が。

「お子さんが小さいご家庭では、家族全員がリビングに集まる傾向がありますよね。例えば18帖のリビングでも、テレビやソファを置いたら手狭で。しかもお子さんがリビングで宿題をしたり、お母さんも仕事しながらお子さんの様子を見ていたりするので、ものが増えちゃうんですね。そんな時、ガーデンルームでスペースを広げて、そこで食事をするようになったというお話はよく伺います。家寄りの使い方なのですが、同時にお庭にもアクセスしやすいので、喜んでいただいているのは、こちらも嬉しくなりますね」

利便性とお庭で過ごす心地よさを両立したデザインは、必ず一致するはず。面倒だと思っていたお庭のお手入れが、いつのまにか楽しい習慣になるほど居心地の良い空間というものはかけがえがないものになるでしょう。お庭づくりのプロとその空間をじっくり作るワクワク感。皆さんもビジョンを持って臨まれてはどうでしょうか。

プロフィール

松崎 隆文

1974年生まれ。宮崎県出身。CADオペレーターとして機械系の会社での仕事を経て、1998年、都北産業株式会社に入社。2003年に同社が一般の顧客向けの「ザ・ガーデン」を設立すると、エクステリア全般の業務を担当し、現在はエリアマネージャー兼都城店店長を務める。二級造園施工管理技士資格を保有。


HP:https://the-garden.jp/

Text:石角 友香
Photos:新本 真太郎