自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.26

株式会社 藤照・代表取締役 六本木 正さん【後編】

お客様ご自身が描く夢のプラン。庭づくりに納得と喜びを

SHARE

お客様ご自身が描く夢のプラン。庭づくりに納得と喜びを
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

どんな依頼も自分の家だと思ってプランニングに臨むことを常に心掛けている。群馬県高崎市に本社を置く株式会社 藤照の代表取締役、六本木 正さんは前編をそう締めくくりました。後編では、相談の仕方を含め、実際的で具体的な庭づくりのアドバイスをお聞きします。

夢のプランを全て語って欲しい、それが庭づくりの第一歩

ヤシの木を中心にした植木の展示販売も行っているユニークな藤照。ご自身も植栽がこの上なく好きな六本木さんに最初の質問です。大事な庭づくり、どこから相談を始めたらいいでしょうか?

「まずはお客様がイメージする夢プランをすべて語ってください。それがスタートです。ただし、現実的な話をさせていただくと、本当に理想の庭づくりを実現するなら、家を建てる前にご相談いただくのがベストです。なぜなら私たちは造成工事も得意なので、根本的な実用性や機能性を反映した庭のデザインができるからです」

これは、各種の大掛かりな工事も請け負うことができる藤照ならではの提案でしょう。

「もちろん、全てのお客様が家づくりと庭づくりを同時に行えるものではありませんし、すでに建った家の庭づくりのご注文のほうが多いのが実情です。ですが、庭づくりというのは見映えを整えればいいというわけではなく、長く使うために欠かせない実用的な面を最初から考慮に入れて設計しなければなりません。その一つが、インターフォンの位置です」

ちょっと意外な例でした。

「いえ、これがかなり重要です。というのは、インターフォンを門柱に付けるか、または玄関ドアの横に付けるかで、外部の人が庭を含めた自宅敷地のどこまで入ってくるかが決まってしまうのです。それから駐車場の位置。どこにカースペースを置くかはお客様のほうで検討されると思いますが、駐車場というのは水が溜まらないように床を斜めにするか、水抜き用の孔を設けなければなりません」

その辺りの実務的な、強いて言えば素人には計り知れない要件や課題のクリアを指して、六本木さんは「根本的な実用性や機能性を反映したデザインができる」と語ったのでしょう。

「さらによくご相談されるのは、地面と家の高さの関係です。それをどのようにすれば何がどう変わるか、事前に具体的に理解するのはかなり困難です。それら庭づくりに必要な各要素に諸条件があることはお客様がご存知なくて当然です。なので、まずは夢プランをすべて語ってください。それをお聞きした上で私たちは、デザインと機能の両面から様々なご提案をさせていただきます」

庭づくりの各要素に実際に触れるとイメージが固まる

やはり庭づくりにも理想と現実があり、そのギャップを可能な限り埋めていく手助けをするのが藤照の仕事になるわけですが、六本木さんは次のような手法でお客様の理解を深めているそうです。

「ガーデンプランの提案は、3Dのパース図をお見せするところから始まりますが、その図面は外から庭を描いたものだけでなく、家の内側、窓から眺めたイメージもお出しします。ガーデンルームやウッドデッキをご希望される場合も同様で、あるものないものを見比べると最終的な完成イメージだけでなく、使い勝手も具体的になってきます。そしてまた庭に木を置きたいときも、庭の内と外、あるいは要素の有無を同時にお見せする方法は有効です。手入れが大変という理由で植栽を敬遠される方は少なくありませんが、たとえ一本でも木があると、それが南国風でも和風でも庭のイメージが向上します。個人的にも、緑を眺めて落ち着いた気分を味わっていただきたい。しかし、私の意見を押しつけることなどできませんから、まずは一つの提案として、木がある庭とない庭のパース図を用意し、お客様のご意見を伺います」

先に夢プランという言葉が出ましたが、お客様の夢を悩ますのが、インターネット等による情報過多だと六本木さんは指摘しました。

「素晴らしい施工例がいくらでも見られるので、あれもいい、これも付けたいとイメージが膨らみ過ぎてしまうようです。また、旦那様と奥様の理想が異なるのもよくある話です。そこを整理していくのも私たちの仕事ですが、おそらくインターネットでは大きさや質感がつかめないと思うんですね。そこで藤照では、ショールーム内に様々な床、石、門柱、壁。そしてガーデンルームやウッドデッキを配置し、お客様に体感していただける工夫を施しています」

そのショールーム内、確かに10歩も歩くうちに、庭づくりの要素にいろいろな素材や形があることが実感できます。もしヤシの木に興味があるなら、ショールームの裏側に広がる植木の展示販売場へ。

そこで気付いたのは、外構とお庭以外にも各種工事や植木を扱い、庭づくりのすべてを一軒でまかなえるようにしたのは、ショールームの造りが象徴するように、夢を具体的に実現させたい藤照の願いが込められているということでした。この時代、インターネットで情報収集するのは常套手段ですが、庭づくりの各要素に実際に触れるという積極的な行動を取れば、膨らみがちなイメージがしっかり固まるかもしれません。

お客様の笑顔を見ることが私たちの活力になる

そんな藤照のショールームの中で奇妙な個所を発見しました。ある壁の裏側が、最上部から数十センチ辺りまでむき出しになり、しかもそのグレーの平面には手書きと思しき線が記されていました。

「カーブを描く壁をご希望されるお客様に、理想とする曲線を描いていただいた跡です。私もお手伝いしますが、お客様ご自身が描くと庭づくりに納得と喜びが増すと思い、ちょっとしたこだわりとして数年前から導入している手法です」

どんな依頼も、まずは自分の家だと思ってプランニングに臨む。これは六本木さんが前編で語った常の心掛けです。

「数種類のパース図を用意するなど、初期段階から具体性を伴った提案をさせていただきますが、打ち合わせが進むうちに理想と現実のギャップが生じていくことがあります。ですからお客様は何ら遠慮せず、私達に何でもお話ししてください。それが私からのアドバイスです。お客様のご希望に添いつつ時々のトレンドを採り入れた先で、想像していたものよりも更に良いものができた、と思っていただけること、そしてお客様の笑顔を見ること、それが私たちの活力になります」

プロフィール

六本木 正

1971年生まれ。株式会社 藤照 代表取締役。建設会社勤務を経て、2007年に株式会社 藤照を設立。建設会社で身につけた知識と経験を活かし、お庭づくりだけでなく、水道工事や舗装なども請け負うことができる。お客様に喜んでいただけるよう、日々情報収集を怠らず、新しいアイデアを取り入れた提案・施工をするよう心がけている。趣味は旅行、スポーツ観戦、食べること。


HP:http://to-sho.com/

Text:田村 十七男
Photos:大石 隼土