自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.26

株式会社ガデナ・代表取締役 島田 勝一さん【後編】

お庭のお悩み、課題をご家族のために解決。夢溢れる未来の庭プラン

SHARE

お庭のお悩み、課題をご家族のために解決。夢溢れる未来の庭プラン
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

「Garden Amenity」=お庭の快適さから社名を作ったというガデナ。山口県山口市と宇部市に店舗を構え、山口県下においてガーデンエクステリア事業を展開しています。前編では、代表の島田 勝一さんが身をもって実感してきた、時にお客様の人生観すら変える、お庭のあるライフスタイルの意義をお伺いしました。後編では、具体的な事例や同社へのお客様の主なご相談をご紹介します。

家の四方の空間を何に使うかイメージする

全国どのエリアでも筆頭に上がる雑草問題。新築の一戸建ての購入当時は理想を持って手入れをしている人も、次第に手に負えなくなるのだそう。

「入居して2〜3年の方から、何十年も住んでいる方まで様々です。共通しているのは、家を買った当初は家庭菜園をつくって休日には楽しんだりされているんです。ただ、共稼ぎの家庭で、休日が草むしりで潰れてしまうようでは維持できなくなってしまうんですね」

次第にお庭にかける時間がなくなり、放置されてしまう。理想と現実のギャップに行き当たる人は少なくないようです。

「そこで提案するのは、できるだけ土の部分を少なくして、例えばタイルのテラスやウッドデッキをつくり、草が生える部分を少なくするということですよね。それと、多少草が生えてもいい部分には砂利などをひいて、全体的に手入れを楽にしてあげるということです」

また、新築で家の四方に広い敷地のあるお客様も、大半はそのスペースの使い分けをイメージできていないことが多いそうです。家の北側、西側は屋根をつけ地面にコンクリートを張れば、自転車などの収納スペースになり、南側はお庭として活用するのが理想的。

「入居時にそこまで住み分けをイメージしている人はほとんどいない。なので、住んで何年か経つと、物置のように雑然として手がつけられなくなり、相談にいらっしゃいますね」

お隣との距離感など考慮すべき点はありますが、入居前にスペースの住み分けを意識しておけば、心地良さだけでなく合理的なお庭の使い方ができそうです。

目的と違う利便性も生む庭の面白さ

雑草問題、車を一人一台所有する土地柄、カーポートのリフォームのご相談も多いというガデナ。同様に多い困りごとは洗濯物干し場だそうです。

「これ、実はうちの女房のケースなんですけど(笑)、2階のベランダに洗濯物を干すために上がるのがつらくなってきたので、1階で干したいという要望だったんです。ただ、1階でも2階でも外干しは花粉もあるし、この地方は黄砂も多い。その点で安心して干せる場所が欲しいわけです」

そこでガーデンルームをつくり、その中に洗濯機も設置。電気の配線も島田さん自らが行い、一箇所で洗濯から干すこと、取り込みまで完結できるとあって奥様は満足されているそうです。

「洗濯物を干す場所なんだけど、お子さんやお孫さん、犬も遊べる空間にもなる。夜はちょっとお酒を飲むのもいい、そんな素敵な空間になるんじゃないでしょうか」

完全に家の中でも外でもない中間的な位置であるガーデンルームやウッドデッキ部分は、安心してお子さんやペットが遊べる空間として、最も活用されています。洗濯物干しが課題ではあったけれど、実際にできた空間の汎用性の高さは作ってみて初めて実感する方が多いようです。

家族のために庭の将来理想プランを立てる

「人って、自分が本当に欲しいものをちゃんと言える人は少ないんです。それはどんなものがあるのか、何をどうすればどうなるのか知らないから。例えば実用車でいいと思って車を買いに行って、魅力的な車を見たら、予算の倍以上の車を買ってしまうことってあると思うんです」

予算を投じれば投じるほど、立派なお庭が手に入るのは当然として、島田さんの主意は、予算の多寡ではなく、お客様の要望の範囲内の提案で「この程度にしかならないのか」と失望させたくない気持ちがあるからだと言います。

「将来を見据えた理想プランを作ってあげるんですよ。今回はここだけやって、お金が貯まったら10年後にここをやりましょう、と。そのプランは無駄なことにならない。将来のビジョンがあるので、『しまった、ここをやっておけばよかった』という無駄がなくなるからなんです」

家族形態や働き方など、変化していくのが人の暮らし。ビジョンに基づきながら、具体的なプランを見直すことは合理的だと言えます。

「基本的にお客様に提案する時、一番考えるのは、自分がそこの家に住んで、そこの家の人の立場になること。そこから考えていくので、細かいところまで徹底してヒアリングします。家族構成や、今、お子さんは日常生活で必ず自転車が必要だとか、色々なことをお聞きした上で、お客様の要望通りのものを提案するのではなく、より将来を見据えた提案をするんです。100万円の予算なのに数倍の価格の良い提案をされて困るというお客様はいないですね。本当に欲しいものをまず知ってもらうということが大事だと思います」

知らないものは欲しいと言えないし、必要なものなのに知らなければ、より良い体験価値に対価を払う理由が生まれない——それはあらゆる物事に通じる人間の心理でしょう。お庭の将来設計を立てながら、まずは今できることから着手し、帰るのが楽しみな家に変えていく。

プロも驚きのガーデニングや雑木林づくりを楽しむお客様から、お庭に関しては合理性を最優先されるお客様まで、地域のあらゆるお宅を手がけてきた島田さん。ガデナならではの人の気持ちに寄り添う提案力は魅力に溢れています。

プロフィール

島田 勝一

1947年生まれ。株式会社ガデナ 代表取締役。建材業を営んでいた先代を継いで、2002年に株式会社ガデナ設立。一級エクステリアプランナー、インテリアコーディネーター、一級造園施工管理技師、ブロック塀診断士。そして愛犬家住宅コーディネーターの民間資格も。リフォームを中心に山口県下のガーデンエクステリアを担う。


HP:https://gardena.co.jp/

Text:石角 友香
Photos:松嶋 仁