自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.26

有限会社 アークふくしま・代表取締役 福島 靖典さん【後編】

エクステリアが家のグレードを上げ、幸せな暮らしをつくり出す

SHARE

エクステリアが家のグレードを上げ、幸せな暮らしをつくり出す
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

洗練されたデザインを得意とする、川越市のエクステリア専門店「アークふくしま」。代表取締役の福島 靖典さんは、週末には野球少年のお子さんたちと外で体を動かすことを習慣としているそう。前編ではそんな父親としての横顔も見せてくれましたが、仕事においては、建物の外側を取り巻く空間や環境全般を意味するエクステリアのなかでもファサード(建物の正面部分、門まわり)を得意とし、「エクステリアでお家のグレードが上がります」と語る福島さんに、お庭や外構を整えることのメリット、そして、その際に注意したいポイントについて伺いました。

ファサードは「お家の顔」

「私が一番好きなのはファサード。ここをメインにやって行こうと決めています(笑)」

エクステリア、外構を取り扱う会社の中でも、それぞれ得意分野があり、「造園を得意とする会社、土木関連を得意とする会社、色々なタイプの会社があるかと思いますが、私の場合は特にファサード、門まわりを中心に手がけています」。

アークふくしまの店舗にはいくつもの施工例の写真が展示されていますが、なるほど素敵なファサードのお家がたくさん並んでいます。そして、その全てが個性的なのです。ファサードの魅力について尋ねると、福島さんは「お家の顔になる部分です」ときっぱり言い切ります。

「エクステリア一つでお家のグレードは大きく変わります。お家の印象を変えたいと思われている方は、ファサード、門まわりをメインにしたメンテナンスを実践してみてはいかがでしょうか。ファサードは家の前を通る全ての人の目に入りますからその家の印象そのものになるんです。例えば、あるお家の前を通った時、家の正面のスペースが汚かったり、雑草が伸びていたりすると、『草くらい刈ればいいのに』と思ったりしませんか。それが、エクステリア、特にファサードをかっこよくするだけで、『どんな素敵な人が住んでいるのかしら』となるわけです(笑)。以前、外構の相談に訪れたお客様が、『はっきり言って見栄もあるのよね』とおっしゃった言葉が忘れられません。その通りだと思います」

エクステリアの力で建売住宅も自分好みのお家にグレードアップ

エクステリア、とりわけ正面部分となるファサードを整えることのメリットを日々の仕事で実感している福島さんには、「外構をもっと素敵にしたい」という思いがあります。そのことがよくわかる、施工例を紹介してくれました。

「南面にお庭とリビングのある建売住宅を購入された、30代のご夫婦がいらっしゃいました。3月に購入され、ひと夏を過ごした9月にはもう来店されているんです。それまではマンション暮らしでお庭を持つのは初めてだったため、夏の間に伸び放題になった雑草を見てお庭の整備の難しさを実感したそうです。メンテナンスの手間がかからないお庭にして欲しいというご依頼でしたので、まず、お庭にガーデンルームを設置することで、お手入れの必要な面積を大幅に減らしました。さらに、ガーデンルームは腰壁付きのタイプを選び、植栽も高さの違うものをバランス良く配置することで、目の前の道路からの視線を遮ることもできました。それまではカーテンを閉じっぱなしだったリビングも、カーテンを開いて生活できるようになり、開放的で居心地の良い空間に生まれ変わりました」

施工前、施工後の写真を見せてもらうと、お家を建て替えたかのように大きな変化が見られます。

「お家が高級になったと喜んでいただきました。メンテナンスの少ないお庭をご希望された奥様は、今では草花をご自身で入れ替えています。こちらのお家を見たと言って、来店されるお客様もいらっしゃるんですよ」

エクステリアを直しただけで「お家をリフォームしたの?」と言われたという方も少なくないそうです。エクステリアを整えることにはそれだけの威力があり、それこそがこの仕事の醍醐味だと福島さんは続けます。建売を購入し、「お家を建てる段階では自分たちの希望を反映させることができなかったから、エクステリアは自分の好みのものを作りたい」と来店されるお客様も多いのだとか。

「建売だからカスタマイズしにくいのではと心配されているお客様もいらっしゃいますが、建売は奇抜なデザインがないので、様々なアイテムが合わせやすいというメリットがあります」

幸せな暮らしを演出するデザイン

エクステリアが果たす役割はもちろんデザイン部分だけではありません。見た目のかっこ良さだけでなく、機能面でも重要な役割を果たしています。例えば、導線です。

「より暮らしやすい居住空間をつくるには生活導線を考えることが大切ですし、特に女性は気にしますよね。私も結婚してから導線を考えるようになりました。建売の場合、門から玄関へのアプローチはシンプルなものが多いのですが、導線を工夫することで、外からの視界をコントロールすることもできますし、お庭をより活用することにもつながっていきます」

またアークふくしまの施工実績には建物の正面に大きなフレームを大胆に配したデザインが多くあります。これは見栄えの良さだけでなく、境界線の役割も果たしているそうです。

「ここをくぐると他人の家だという境界線でもあります。結界というか、神社の鳥居と同じ発想です。上がふさがっているだけで、外部の人間はなんとなく入りづらいですし、逆にその家の人がそこをくぐると、我が家に帰ってきたという実感が湧くので、ほっとしますよね」

スタイリッシュな門まわり、照明など、エクステリア全般を整えたことで、「自宅に帰るのが楽しくなった」「自宅の灯りを見るとほっとする」というお客様も少なくないそうです。エクステリアはお家の付随品だと考えられることも多いですが、幸せな暮らしを演出する重要な役割も担っているのです。

「私は外構屋を自負しています。外構やお庭の持つ可能性というのは、本当に大きなものだと思っています。そして、アプローチからつながるお庭など、やはり外のスペースを活用していただきたい。塀を少し高くしたり、タイルテラスを作り、段差が解消されることでお子さまが外で遊ぶようになったとおっしゃるお客様も多くいらっしゃいます。嬉しいですね」

外構やお庭一つで、お家のグレードはアップする、生活は豊かになる──。そのことを一人でも、一軒でも多くの方に伝えていきたいと、福島さんは力強く未来を見据えます。

プロフィール

福島 靖典

1968年生まれ。有限会社アークふくしま代表取締役。エクステリア・外構を手がける会社で、13年間現場監督などを務めた後、2003年に独立、「アークふくしま」を創業し、現在に至る。エクステリアの中でも特にこだわっているのはファサード(正面、門まわり)。その緻密に計算されたデザインで、大手エクステリアメーカーのエクステリア施工コンテストでの入賞歴も多い。


HP:http://arc-fukushima.co.jp/

Text:長谷川 あや
Photos:大石 隼土