自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.26

フォーカルポイントK・店長 篠原 和訓さん【後編】

「お庭でしたいこと」を明確に。商材、技術の進化が理想のお庭づくりをサポート

SHARE

「お庭でしたいこと」を明確に。商材、技術の進化が理想のお庭づくりをサポート
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

先だって公開された前編ではフォーカルポイントKの店長・篠原 和訓さんに、現場のプロフェッショナルならではの視点からお庭づくりのご要望の変化や“自然浴生活”の将来、それらに現場が今後どのように対応していくべきなのかを伺いました。この後編では、篠原さんが現場で感じてきたお庭づくりの経験や、トレンドの変遷を通じて、より具体的なアドバイスを頂きます。

お客様のニーズに合わせ、大きく進化したエクステリアの商材と技術

20年前に株式会社甲府建材商会に入社した篠原さんは、同社のエクステリア&ガーデンリフォーム部門であるフォーカルポイントKで、エクステリアやお庭づくりの提案に携わってきました。その経験を振り返ると、外構一つをとっても、そのトレンドには様々な変遷があったといいます。

「20年前に入社した頃は、建材の会社だったこともあって、ブロック積みがメインだったんですね。ここの展示場も今の半分くらいで、残りの敷地にははずらっとブロックが並んでいる状態でした。当時は化粧ブロックでお家の周りをぐるっと囲う手法が流行っていましたが、今はそういうやり方は激減しました。ご提案も簡単で、ブロックで囲って門扉を付ければとりあえず外構はできあがりというような時代でした。その前はタイル張りとか、モルタルで仕上げて塗装するというやり方が主流の時代もありましたが、今は外壁をほとんど積まなくなって、オープンにする方が増えましたね。門扉もつけずに、門柱だけあって道路から自然と入れるようになっているお家もたくさんありますね」

当時と比べて、今はエクステリアに対するご要望も多様化しています。また、そのニーズの多様化に合わせて、商材や技術の幅が広がったことで、実際の提案にも大きな影響を及ぼしているそうです。

「この仕事をやっていて一番面白いのは、自分でデザインしたものをお客様と共有して、実際に形にできるということ。私が仕事を始めた当初は、私の経験が浅かったこともありますし、モノがなかったり、職人さんのノウハウがなかったりして、自分が考えたデザインを十分に完成できないこともありました。ですが、今は多くの商材がありますし、私自身もお客様のご要望に合わせて色々なご提案ができるようになってきました」

ライフスタイル、ライフステージによって変わるお庭の活用法

エクステリアで何よりも重要なのは、お客様のご要望をどれだけ汲み取って、どのようにご希望に沿うデザインを提案できるか。そう篠原さんは話してくれました。ただ、エクステリアのデザインは、家の間取りを決めるよりも難しいかもしれないとも言います。

「例えばお家の中の間取りっていうのは、ある程度セオリーも決まっていて皆さん馴染みがあるのでイメージしやすいと思うんです。でも、エクステリアは経験がないという方が多いんですね。最初の打ち合わせでは、どうしたらいいかわからないという方が非常に多い。ですので、私はまず最初に絶対に必要な条件をお聞きして、何をしたいのかをお聞きするようにしています。絶対条件というのは、例えば車が何台あってどういう形で置きたいか、というようなことですね。その上で、デザインに関してはこちらで一旦考えてご提案する形をとっています。デザインのイメージは人それぞれですので、そこで食い違ったとしてもご要望をお聞きしてすり合わせていけばいいわけですから。最初にお越しいただくときには、敷地図面を持参してもらえれば、具体的にイメージして頂きやすいと思います」

そのような流れでエクステリア全体のイメージを固めていく中で、お庭づくりについても具体的な理想をすり合わせていくのだという篠原さん。今からお庭づくりを考えているという方にとって、まず伝えるべきなのはお庭の使い方とそこで暮らすライフスタイルについての具体的なイメージなのだそうです。

「お庭をつくりたいというお客様は、ある程度のイメージや目的がはっきりとしている方も多いです。このスペースで子どもを遊ばせたいとか、犬を放したいとか。あるいは、お子さんが大きくなってご夫婦だけになったので、菜園にしたいとか。芝生や植栽の手入れが大変なのでさっぱりさせたいという話もあります。逆にお子さんが帰ってくるので、駐車スペースを増やしたいという話もある。お客様のライフスタイル、ライフステージによってお庭の活用法は全く変わってきますから、そういったご要望をくみ取ってご提案していくのが我々の仕事です。ですので、どんな些細なことでも具体的にお話していただきたいですね」

展示場で体験することでお庭づくりのイメージをより明確に

エクステリアやお庭づくりの商材にどのようなものがあって、どんな効果があるのか、ほとんどのお客様は知りません。だからこそ、展示場に足を運んでもらって、体感してもらいたいと篠原さんは言います。実際に訪れたフォーカルポイントKの展示場には、門柱・ポストや表札といったエントランスを飾る商品から、カーポート、フェンス、植栽、ガーデンルームといった大型の商材が美しく並び、お庭づくりのイメージづくりには最適な場所だと感じられました。

「弊社にはこれだけの展示場がありますので、まずは見に来ていただいて、カーポートにどのようなものがあるのか、ガーデンルームにどんな種類があるのか、実際に触れていただきたいと思います。例えば、今年の夏は甲府も非常に暑かったので、熱線を吸収するカーポートはお客様にとても好評を頂きました。実際に体感してもらえば、車に乗った時にクーラーの効きの早さに驚かれるはずです。ガーデンルームにしても、付けるとお庭が狭くなるのではないかと懸念されるお客様が多いですが、実際にはお庭の有効スペースが増えるんです。今まで有効に使えていなかったお庭を活用できて、さらには窓からの景色を楽しめたりもする。そのように使い方やメリットを実感してもらった上で、エクステリアやお庭づくりに役立ててもらえるのが理想ですね」

20年間現場でお庭づくりをサポートしてきただけあって、実体験に基づいた有用なアドバイスをたくさん伺うことが出来ました。篠原さんのお話からは、お庭づくりのプロフェッショナルの仕事に対する真摯な姿勢が伝わってくるようでした。

プロフィール

篠原 和訓

1973年生まれ。「フォーカルポイントK」店長。八ヶ岳の麓に位置する山梨県北杜市出身。進学のため上京、その後山梨県に戻り甲府建材商会に入社。以来、同社のエクステリア&ガーデンリフォーム部門であるフォーカルポイントKで、地域のお庭づくりに携わる。趣味はスポーツ観戦、B’z LIVE参戦。

HP:http://e-koken.net/

Text:青山 晃大
Photos:大石 隼土