自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.26

株式会社そとや工房・滋賀栗東店 店長代理チーフデザイナー 辻󠄀紗恵子さん【後編】

お客様といっしょにワクワクするような理想づくりを実現させたい

SHARE

お客様といっしょにワクワクするような理想づくりを実現させたい
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

前編では、「美しい庭を眺めていると、視線は外に向かっているのに意識は内向きになり、何とも言い難い充実した気持ちになれる」。それが自然浴生活のポイントだと語った庭好きデザイナーの辻󠄀 紗恵子さんに、後編ではガーデンプランを進める上でもっとも大事なことを聞きました。

漠然としたイメージでもガーデンプランを構築するのが私たちの役割

無類の庭好き。しかし、個人の感覚を論理的に分析し自然を日々の生活に取り入れることを軸に置き仕事に活かすプロフェッショナル。そんな辻󠄀さんに、まずはエクステリアデザインで常に心掛けていることを聞いてみました。

「とにかく、ご相談の段階から丁寧にお客様の話を伺うことです。お客様にとって庭づくりは、わからないことだらけだと思うんですね。ですから、それぞれの想いを具体的な言葉にできないことが多い。その一方で様々な情報に触れられているので、あれもいい、これもいいと迷われてしまうようです」

当然のことながら現代は、インターネットやSNS等で庭づくり情報を探ってから相談に来るケースがほとんどだと辻󠄀さんは言います。

「キーワードで多いのは“おしゃれ”ですが、“おしゃれ”程イメージが漠然としてしまうものもありません。例えば、10年くらい前から知られるようになったウッドデッキにしても、どんなサイズがいいのか、あるいはそこで何をしたいのかがはっきり想像できない場合が少なくありません」

それが一般的な傾向だとしたら、ではどうやって庭づくりを相談したらいいのでしょうか?

「お客様側は、無理して言葉を探されなくても構いません。どんなに漠然としたイメージであっても、お話を聞いてガーデンプランを構築するのが私たちデザイナーの役割ですから。ウッドデッキにしても、小さなお子さんがいらっしゃるならプールが置ける広さがいいのではないか。ご年配の方がいらっしゃるご家庭なら隣接して花壇を設け、外に出るきっかけと外に出やすい工夫をしてあげる。やりたいことや過ごし方に適した素材や形は何か?それらのメリット・デメリットも説明させていただきます。ですから、あまり多くを心配なさらずに気軽に相談していただければと思います。どんなものが好きか。空間の雰囲気か、物へのこだわりか。出発点はそこからで十分です」

嫌いなことも、苦手なことも遠慮せず話してください

そうしたヒアリングで、あえて辻󠄀さんがお客様に望むのは、疑問や不安の解消だけでなく、嫌なことや苦手なものも遠慮せず伝えてほしいことだそうです。

「そこもデザイナーの聞き方次第なので、あくまで一つのリクエストに過ぎないのですが、私たちにはお客様から頂いた言葉を基にプランニングするための引き出しがたくさんあり、そこから最適な要素を持ち出してご提案させていただきます。その段階で、お客様のイメージとは違うものをお出ししてしまう場合もあります。それに対しては、できれば一切取り繕わず、何がどう違うのか素直におっしゃってくださると嬉しいです」

とは言え、せっかくつくってもらったプランを否定するのは、誰であれ気乗りしないと思うのですが?

「いえ、遠慮はいりません。私たちの聞き違いはあるでしょうし、お客様にしても形になって初めてご自身たちの好き嫌いがはっきりする場合もありますから。お手間を取らせてしまうかもしれませんが、そんな風にディスカッションを繰り返しながら、お客様の理想に近づけていきたいのです。理想は変わっていくものですよね。家はまさしくそうで、お子さんが成長すれば家を建てた当初とは暮らし方が変わり、そこでまた先を見据えた理想の再検討に迫られます。庭づくりはそうしたタイミングで行われるのが常で、いくら“おしゃれ”が理想であっても、生活に合わせた使い方、特に機能面は実質的な使い勝手が優先されます。一切取り繕わずにと申し上げたのも、そうした趣味や雰囲気を優先できない部分もすべて、もちろん予算面も含めて相談していただくことで、私たちはお客様といっしょにワクワクするような“理想づくり”を実現させたいのです。ですからやはり、丁寧にお話を聞くことは、デザイナーがプランを提案するために絶対的に不可欠な要素です」

私たちの仕事で幸せの器を広げたい

辻󠄀さんを始めそとや工房には女性デザイナーが多いのですが、北居 伸夫会長によれば、これまでのお客様を見ていると、ガーデンプランの実権を握っているのは奥様なので、女性同士のほうが通じ合えること、色彩感覚に優れていることが理由として挙げられました。女性デザイナーという点で意識される部分はありますか?

「まず一般的に、男性は機能を求めがちで、女性は感覚的だと言われますが、デザイナーとしてはその区分けに意味がないというか、機能も感覚もどちらも優れていなければならないのが前提条件だと思っています。ただ、男性に対して機能を語ることができれば女性としての強みになりますね。人それぞれ個性はありますが、デザイナーであれば男女を問わず、デザインに対する細やかな気付きがもっとも大事ではないでしょうか」

ガーデンプランの実権を握るのは奥様だという会長の意見はいかがでしょうか?

「実際に奥様から、主婦目線のアドバイスをご希望されたり、主婦にデザインしてほしいという具体的なリクエストをいただくこともあります。そしてまた、家を建てる際のハウスメーカーとの打ち合わせはご主人が中心で、庭づくりに関しては奥様が率先されるパターンもよくあります。これは、男性が機能優先で女性が感覚的という一般的な話にリンクするものかもしれません。しかし、庭づくりの全てにおいて奥様が実権を握っているとは言い難いですね。若い方々、特に30代は、家を建てる段階からガーデンプランに至るまで、二人が暮らす場所だからとご夫婦で協力して考えられるパターンが多いと思います。また、庭は子どもを遊ばせる場所ととらえるご家族が多い中で、いつか子どもは出ていくのだから、自分たち夫婦のために庭づくりをするとご相談されたケースもありました。本当に様々ですから、私としては女性を意識する前に、一人のデザイナーとしてどんなご提案ができるかを常に大事にしたいです」

とにかく密にコミュニケーションを取り、お客様の理想を引き出し形に表すことが重要だと語った辻󠄀さん。最後に、この仕事でもっとも嬉しいのはどんな時かをたずねました。

「そとや工房では、施工が終わったお客様にアンケートをお願いしているのですが、『植えた緑を大切に育てています』というような、庭をかわいがってくださっている様子を伝えていただくと、頭が下がる思いになります。心から感謝の気持ちが溢れます。家庭は幸せの象徴ですからね。私たちの仕事で幸せの器を広げられたなら、こんなに嬉しいことはありません」

プロフィール

辻󠄀 紗恵子

1985年生まれ。株式会社 そとや工房 滋賀栗東店 店長代理 チーフデザイナー。成安造形大学卒業後、そとや工房滋賀栗東店に入社し、エクステリアプランナー1級デザイナーとして活躍する。自身も大の庭好きであり、特に日本庭園からデザインのヒントを得ることが多く、「お客様がおだやかな時間を過ごせるお庭づくり」がモットー。CADソフトメーカーのデザインコンテストで数々の賞を受賞。


HP:https://sotoya.jp/

Text:田村 十七男
Photos:松嶋 仁