自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.26

アイ・グリーン企画・代表取締役 飯阪 雅則さん【後編】

庭は家族の中心になる場所、お客様と描く成長できる庭づくり

SHARE

庭は家族の中心になる場所、お客様と描く成長できる庭づくり
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

若い世代を中心にアウトドアブームが再燃している昨今、お庭を活用したいというお客様が増えています。お庭づくりを行うにはどんな点に留意すればいいのか、「アイ・グリーン企画」がテーマとしている“家族の絆をつくるお庭”とはどのようなものなのでしょうか。 お庭は多くの人たちが想像する以上の可能性を秘めている──、同社の代表取締役、飯阪雅則さんから、わくわくするようなお話を伺うことができました。

記憶に残るお庭、ご家族の“幸せづくり”のお手伝い

単なる“庭づくり”ではなく、お庭を通して、ご家族の“幸せづくり”のお手伝いをしたい──。飯阪さんにはお庭に対する強い思いがあります。前編で語っていただいたように、飯阪さんは自然の懐に抱かれて成長しました。そして、その自然という言葉にはお庭も含まれているのです。

「子どもの頃、庭で遊んだ楽しかった記憶は今も鮮明です。この仕事を始めた頃は、おしゃれで、きれいな庭をつくりたいと思っていたのですが、だんだんときれいなだけではなく、どのようなお庭ならご家族が仲良く使えるのか、家族の団らんをいかにつくり出すことができるのかを大切に考えるようになりました。 私たちは、ご家族の記憶に残る庭をつくりたいと思っています。お母さんと調べ物をしたり、お父さんと遊んだり、庭で過ごしたなにげない時間は脳裏に深く刻まれ、自分が独立して家を建てようという時に、ふと映像と共に蘇ってきたりするものです。そして、そういった記憶は人生の壁にぶち当たった時、それを乗り越える力にもなったりするのではないでしょうか」

ガーデンルームは冒険心をかきたてるワンダーランド

前編でも触れましたが、アイ・グリーン企画の展示場にはツリーハウスがあります。ある雑誌で紹介されていたツリーハウスを見て、飯阪さんは子どもの頃、藁や竹でツリーハウスのような“秘密基地”をつくって遊んでいた記憶が蘇ったのだとか。「あの頃、本当に楽しかったなあ」と子ども時代に思いを馳せながら、飯阪さんは「ツリーハウスをつくってしまおう」と考えました。ショールームには、ツリーハウスに適したぴったりな樹木があったのです。こうして完成したツリーハウスは、展示場を象徴するシンボルとなりました。

「親御さんに連れられ、見学にいらっしゃるお子さんに楽しんでいただければ嬉しいですね。また、ツリーハウスは私どもの提案の一つでもあります。一般のご家庭にツリーハウスの設置は難しいと思いますが、ツリーハウスでできることは、ガーデンルームでもできるんですよと、お客様にお伝えしたいという想いもあります」

例えば、ガーデンルームで体験して欲しいことの一つに、キャンプがあるそうです。アイ・グリーン企画の展示場では、実際にガーデンルームにテントを設営し展示しています。

「お子さんがキャンプに行きたいといっても、自分は行きたくない、お父さんと行ってくればいいじゃないというお母様はたくさんいらっしゃいます。誰も彼もがアウトドアをお好きなわけではありませんからね(笑)。ガーデンルームでなら快適にキャンプが楽しめると思います」

また、テントが張られたガーデンルームには、お子さん用のボルタリングも設置されていました。展示場を見学に来たお子さんは夢中で挑戦されるそうです。ガーデンルームは、お子様にとって冒険心をかきたてるワンダーランドのようなものなのかもしれません。

「ガーデンルームの活用方は本当に様々です。ご家族のみなさんに、またライフステージに合った形でご活用いただければと考えています」

お客様と一緒に描く理想のお庭づくり

飯阪さんのやりたいことを具現化したような展示場にある事務所には、お客様から寄せられた感想が貼られているコーナーもあります。いくつかのお客様は、「ほかの業者には断られたが、アイ・グリーン企画さんは『やりましょう』と言ってくれた」という感想を書いていらっしゃいました。

「難しい現場もありますが、できないことはありません。どのようにすればやればいいかを考えればいいだけです。やろうと思えばできることがほとんどなのですが、少し面倒な現場だと最初から断ってしまう業者さんが多いんですよ」

そう力強く語る、飯阪さんにお庭づくりのアドバイスを改めて伺いました。

「まずは自分たちがつくりたい、自分たち家族が楽しめるお庭の全体像を思い描いてください。一度に全て行う予算がなければ、必要なところから手をつけていけばいいんです。相談は無料ですし、お客様のお話を聞かせいただいた上で、完成イメージを視覚化したパース図(※建物の外観や室内を立体的な絵にしたもの)を作成します。こちらを見ながら想像力を膨らませていただいてもいいかと思います。“家族の絆をつくるお庭”は、時間をかけて完成させていけばいいんです。アフターフォローも対応させていただきますので、一度の工事で完成させようと考えなくても大丈夫です」

飯阪さんは目を細めながら、日本ではかつてお庭は家の中心でもあったんです、と教えてくれました。

「 “家庭”という熟語は、家の庭と書きます。昔は結婚式やお葬式など、冠婚葬祭をご自宅で行う家も多かったんですよ。お庭をご家族の中心になるような、そんな場所にしていけるお手伝いをさせていただきたいですね。例えば、ウッドデッキの設置をご希望されるお客様が多いのですが、ウッドデッキは意外と実用性が低いんです。今の日本は暑すぎて、また冬も寒いですから年に数回使えればいいほうです(笑)。実用度を考えたら、断然、ガーデンルームです。団らんしたり、くつろぐ場所はリビングでいいのではないかと思われるかもしれませんが、リビングとの最大の違いは、ガーデンルームにはテレビがないこと。テレビがあるとついつけてしまうでしょう?テレビがなければ、ご家族の会話もはずみます。また、お子さんの勉強部屋としてガーデンルームを利用される方も多いですね。リビングから一直線になっている構図のお家が多いので、親御さんも安心なのでしょう」

お庭は私たちが想像する以上の可能性を秘めているのかもしれません。家族に寄り添い、共に成長していけるお庭づくり──、考えてみませんか。

プロフィール

飯阪 雅則

1957年生まれ。アイ・グリーン企画 代表取締役。大学卒業後、5年間機械メーカーに勤めた後、独学で造園・エクステリアの知識を身につけ、弟と共にアイ・グリーン企画を創業。自らチラシを一軒一軒ポスティングして仕事を増やす。「ガーデンルームは昔の縁側のように家族がくつろぎ、その絆を強くしてくれる場所」という信念から、その施工を広く手がけてきた。「お庭づくりを通して家族の幸せを考える」のがモットー。


HP:http://i-green.co.jp/

Text:長谷川 あや
Photos:松嶋 仁