自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.26

株式会社 奈良規松緑化・取締役社長 松本 孝一さん【後編】

お庭づくりの秘訣は、“体験”して理想と現実のギャップを埋めること

SHARE

お庭づくりの秘訣は、“体験”して理想と現実のギャップを埋めること
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

前編では転勤族だったお父様の仕事に合わせて様々な場所に移り住んだ経験や、絵を描くことの楽しさなどを通して、自然や緑の魅力について語ってくれた、株式会社 奈良規松緑化の取締役社長・松本 孝一さん。松本さんは様々なお客様との出会いの中で、家とお庭の関係の変化を感じているそうです。

自然を楽しむお庭づくりのヒントはライフスタイルの中にある

「今はもしかしたら、庭が家になっている部分があるかもしれません。最近は家屋の中に木を植える方も増えていて、家と庭の区別が曖昧になり、庭も含めた敷地の境界の内側は“家”という発想の方が増えているように感じます。そういう意味では、床とお庭の高さを揃えて出やすくするのは家と庭の一体感を高める一つの方法かもしれません。一方で、家でもリビングを一段低く設計するローダウンリビングが最近流行しています。それと同じように、お庭をあえて下げる場合も多いです。そうすることで、近隣や道路からプライベートな空間を守る効果もありますし、埃対策にもなります。最近は花粉やPM2.5、ハウスダストの問題もありますが、住空間はきれいな状態に保ちたいという方が多いですから、そういった方にとっての理想の暮らしに対応できるようなお庭を考えることも大切です」

とはいえ、多岐にわたる理想のお庭像は、実は大きく4パターンに分けられるそうです。具体的には、「家族で遊ぶための場所にしたい方」「お庭の機能性だけを求める方」「緑は好きだけれども虫や雨風が入ることは嫌だと感じる方」「自然はまったく必要ないので、そのスペースを他に使いたいという方」。

「まずは相談に来られた方の人柄を見極めて、その方にとって相談しやすい雰囲気をつくることも大切ですが、その時『お庭にどれくらい思い入れがあるのか』も丁寧に聞いていきます。また、その方の日々のライフスタイルも重要です。この辺りでは夜になると家のシャッターを閉める方も多いですし、休日に家にいない方にそのためのお庭をつくっても意味がありません。そういった日々の生活のサイクルを理解することが、その方に合ったお庭につながります。お子さんとの関係についても聞きますね。お子さんの成長がどの段階に来ているのかによって、ご提案できることも変わってきますから。例えば、20代のお子さんがいるお宅では、将来的にお孫さんができることも想定しますし、ご夫婦2人だけで暮らすというのなら、その方に合ったものを提案します。自然を楽しむお庭をつくるためのヒントは、自然よりもむしろそのご家族のライフスタイルの中にあるような気がします」

自然をどう定義するか

その中で近年希望する方が増えているのが、メンテナンスの手間がかからない、ローメンテナンスなお庭づくりです。都市部では、緑を楽しみたいけれども、手入れの手間はできるだけ省きたいという方も非常に多く、奈良規松緑化にいらっしゃる方の中でも、そうした方の割合は増加傾向にあります。

「これは結局、『自然って、一体何なのですか?』という話だと思うのですよ。人の手がまったく加わっていない手つかずのものも自然ですし、人と上手く共存できるように手が加えられたものも自然です。人によって自然の定義は変わるので、それをどう定義するかというところは、柔軟に変えていく必要があるのかもしれません。例えば、サンルームなどでは、ほとんどのお客様は虫や雨が入らない、外の風が入らないものを望んでいます。その際に汚れない素材にすることも重要ですし、人によっては落ち葉が落ちたりするだけでも気にしてしまう方もいらっしゃいます。『自然との距離が近い生活をしたい』という方の中でも、苔がついたり汚れたりしてもいいという方は、私たちの体感では1~2割で、残りの8~9割の方々は『緑は欲しいけれども、汚れたりするのは嫌だ』という方々です。自然に直に触れたいという方と同じように、そうした方にもお庭の有効な活用法を提案することは、とても大切なことだと思っています」

理想と現実のギャップを埋めるためには“体験する”ことが重要

家の中にある限られた敷地の中で、どのようにスペースを活用していくか。これは日々の生活の中でとても大切な要素だからこそ、松本さんはお庭で理想の生活を実現する前に「一度試してから判断してほしい」と言います。

「お庭のためにクルマのガレージを我慢すると、その方はずっと我慢しなければいけませんし、逆にお庭を我慢してクルマのガレージをつくると、今度はお庭を我慢しなければいけなくなってしまいます。ですから、2時間ほどかけて、その方が求めているものが何かを正確に把握するように努めています。そのうえで、実現したいライフスタイルを一度体験してから考えてもらうことも大切です。例えば、『お庭でバーベキューがしたい』という方がいれば、『バーベキューをしたことはありますか?』と聞きます。そうすると、『ない』という方は非常に多いんですよ。ですから、こちらから『一回してみてください。道具がなければ貸しますよ』とご提案します。漠然とした夢のままでお話を進めてしまうと、実際に生活を始めてから困ってしまう場合も多々あります。できるだけ理想と実際とのギャップを埋めてから、お庭づくりを考えてもらうことが大切ですね」

こうした「実際に体験すること」の大切さは、エクステリアパーク コンパスやガーデンパレットといった奈良規松緑化のショールームにも反映されています。ここではライフスタイルの提案に加えて、様々な商品を実際に手に取って確かめることができるため、お庭づくりの相談の際には、実際にショールームで商品を確かめつつ話を進めていくことも多いそうです。また、商品を提供する際には、知識だけでなく、それを実際に使ってみて良さを体験することも重要です。

「『週末はゴルフに行きます』『朝から釣りに行きます』『子どもの少年野球に行きます』ということであれば、週末にお庭に一切出ない可能性があるかもしれません。そうした方々に『休日に庭でキャッチボールをしましょうよ』とご提案しても実際にやることはほぼないわけですから、それなら別のことに活用した方が、その方の暮らしは豊かなものになります。週末は庭には出ないけれど、平日夜に仕事から帰ってきて奥さんと晩酌をしたいなら、それに合ったお庭もあります。また、子どもの友達がよく泊まりにくるようなら、その時に過ごしやすいスペースを作ることもできます。その場合ガーデンルームが、お子さんたちが布団を敷いて寝る場所になるかもしれませんね。そんな風に色々なシーンを想定して、その方に合った使い方に気づいていただくことが、私たちの何よりの喜びだと思っています」

松本さんの言葉を借りれば、何事も「実際に体験すること」から。お庭づくりに興味がわいたら、まずはこういったショールームでお庭のある暮らし、自然を感じる暮らしを気軽に体験してみるのもいいかもしれませんね。

プロフィール

松本 孝一

1973年生まれ。株式会社 奈良規松緑化取締役社長。幼い頃より父親の仕事の都合で大阪、奈良、静岡と各地を転々とする。体を動かすことが好きで、静岡では漕艇部に所属していた。高校進学と同時に奈良へ転居。美術を専攻し、かなりの数の寺社仏閣に足を運ぶ。卒業後は大阪芸術大学に進学し、造園の世界に携わることに──。近年は展示場を開設するなど、お客様の庭づくりのお手伝いにより精力的に取り組む。


HP:http://exterior-compath.com/

Text:杉山 仁
Photos:大石 隼土