自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.26

株式会社 関徳・代表取締役 関谷 剛史さん【後編】

お客様の生活や人生に寄り添う“ガーデンエクステリアのデパート”でありたい

SHARE

お客様の生活や人生に寄り添う“ガーデンエクステリアのデパート”でありたい
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

愛知県津島市城之越町で115年に渡り地元のお客様に愛されてきた株式会社 関徳。尾張藩初代藩主・徳川 義直が建立した津島御殿と、今も流れる天王川でこの地域がつながっており、材木商などで栄えた土地。関徳が現在も資材販売を行なっているルーツは土地柄にあるようです。現在、4代目となる代表取締役を務める関谷 剛史さんは、意外にも会社を継ぐ前は東京で広告代理店に勤務。前編ではお客様のニーズを掘り起こす大切さと、現代の自然浴生活についてお伺いしました。後編では、具体的な事例や同社への主なご相談をご紹介します。

お庭を一度整えると、もう元の生活には戻れない

長年地域の外構やお庭づくりにたずさわってきた関徳。こちらにいらっしゃるお客様には、新築時だけでなく、その後のメンテナンスやリフォームのご相談も多いと言います。特に、ライフステージの変化に伴うリフォームの相談は、この3年で確実に増えたそう。関谷さんはあるお客様の生活の変わりぶりが印象に残っていると言います。

「二世帯で住んでいるご家族のご両親のお父様が亡くなられて、庭を放置しているうちにどうにもならなくなってしまった、と相談がありました。ちょうどその頃、アウトドアリビングやガーデンルームが普及し始めた頃で、それらを取り入れるご提案をしたんです。息子さんはお仕事で忙しそうだったのですが、見た目がおしゃれな方だったので、お庭もおしゃれにすることに興味があるのではないかと。そこで、ガーデンラウンジをご紹介したんです。緑も残しつつ、草取りの手間があまりかからず、ご本人の日頃の疲れが取れるような、お庭に出る機会が増える提案をしたところ、すごく喜んでいただいて」

お庭のリフォームでご主人の変化に驚かれたのは奥様だったとか。それまで庭の手入れを全くしたことのなかったご主人が、きれいになったお庭の雑草が気になり、手入れをするようになったことで、奥様から感謝されていると言います。

「家ってどこもそうですが、中から庭へ出ようとすると40〜50cmの高低差があるじゃないですか。あの段差が人を庭に行かせなくする最大の障壁ですよね。そこがデッキだったりタイルというもので段差がなくなって、一歩出やすくなって、雑草の手入れを始め、きれいに維持していきたい気持ちがそのお客様の中に芽生えたんだと思います」

楽しさから、人の行動や習慣まで変えてしまうのが庭という場所の意義かもしれません。

「お庭のリフォームは、それまで外へ出る機会になかった場所を一度リセットする行為です。一回そうすると全く変わります。その後の生活を変える大きなきっかけになりますよね」

そのガーデンルームはいつ、誰が、何のために使うのか?家族一人ひとりにストーリーがある

同じ商材でも、お客様の年齢や家族構成などで使われ方が違うこと、そしてエクステリアをなんとかしたいというお客様のニーズは、複合的な理由から発生していることをご相談の中から発見してきたという関谷さん。

「ガーデンルームについては、年配の方が自分の場所としてつくったり、健康面に配慮してつくったりするケースも多いと思うんですが、小さなお子さんが遊ぶ場所としてつくっているお父さんも案外いらして。お子さんが集まってきてワイワイしているのを見ると、つくったお父さんは誇らしげにしているわけです。そういう意味で頑張った甲斐のある買い物になっているというのは、当初は意外でした」

お子さんをお庭で遊ばせたいという親御さんの優しさがきっかけで、副産物的にお子さんがお友達を招きやすいという喜びが生まれたりと、使う程に楽しい場所になっていくお庭。また、お庭を施工される段階ですでに用途は一つに限りません。

「ガーデンルームをつくる理由は一つではないんです。洗濯物干しのためだけではない、プラスアルファでちょっとくつろぐことができたり、さらにお子さんの遊び場として活用することができたり。もちろん、ガーデンルームを設置した分、草むしりの手間も省けますから、複合的な理由で選ばれていると思います。その人にとって色々なメリットがあるからこそ、ガーデンルームをつくるのだと思います」

複合的な理由、それこそが各々のご家族の“ストーリー”であり、またご家族一人ひとりが暮らしの主役であり、ガーデンルームを舞台にした“ストーリー”もあることが見えてきます。

“ガーデンエクステリアのデパート”から庭づくりをはじめてみませんか?

地域密着型かつ建材や資材も自社で流通させるエクステリアショップであるだけに、「ちょっと砂利を敷きたい」というご相談から、外構とお庭をトータルにデザインする大規模な施工まで、実に様々な仕事をされているのが関谷さんたちの特徴でもあります。

「うちの会社が目指しているところが“ガーデンエクステリアのデパート”で。いわば特選フロアーから惣菜売り場まである。エクステリアのデザインコンテストで賞を取るようなトータルなご相談から、庭の少しのスペースに敷く石の種類や芝生に至るまで、ご相談は様々です。ここに支払いに来られて、待っていらっしゃる間にショールームを見て、『こんなものがあるんだ、うちにもつくりたい』とご相談をいただくこともあるんです」

「僕の友人が分譲で購入した家の裏庭に6坪ぐらいのスペースがあったんですが、周囲を家に囲まれていて、どうしたらいいのかわからなかったようなんです。でもそこにガーデンルームと目隠しとをつけて、人工芝を敷いたら非常に感謝されて。部屋が広がり、庭にも出やすい。『このスペースがこんな風に使えるんだ』と、分譲住宅の限られたスペースでも色んな有効活用はできるんです」

一度の施工でおしまいではなく、お客様の生活や人生に寄り添いながら、何度でも良い方向へシフトできる提案をする──その人にとっての「なんともならん」生活のデメリットを解決できるプロとして、様々なバリエーションを用意する。

それぞれの家族の成長のストーリーをお庭という側面から、その都度、コンセプトを立ててより豊かなものにしていく。ガーデンエクステリアのデパートは今後もさらに頼られる存在になっていくのではないでしょうか。

プロフィール

関谷 剛史

1973年生まれ。株式会社 関徳代表取締役。東京での広告代理店勤務を経て、曽祖父の代から続く会社の代表へ。建築資材の販売からスタートした会社だけに現在もエクステリア設計施工と建材販売の2本柱で操業。建材・資材の販売店の「材料費の低価格」も強み。大手メーカーのエクステリア施工コンテストでの受賞事例も多い。


HP:http://www.sekitoku.net/

Text:石角 友香
Photos:大石 隼土