自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.26

株式会社エバーグリーンエクステリア・代表取締役 石井 良男さん【後編】

お庭づくりにも安全と安心を。新しい職人たちの挑戦

SHARE

お庭づくりにも安全と安心を。新しい職人たちの挑戦
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

20年の職人経験を基に、新しい時代に即した職人像をつくり上げ、お客様に希望に寄り添った提案をする。そんな想いから設立された株式会社エバーグリーンエクステリア。そのコンセプトをたずねた前編に引き続き、後編では代表の石井 良男さんに、庭づくりの相談をする際のアドバイスをお伺いしました。

家だけではなく、お庭にも安全と安心を

前編では庭づくりへのこだわりや、庭に一本の木を植えることの価値についてお伺いしましたが、後編ではさらに一歩踏み込んで、庭づくりを依頼する際にお客様に求めることをたずねました。この回答には耳を疑う程の驚きを覚えました。

「ぜひ、“あいみつ”を取ってください」

“あいみつ”とは、相見積もり=あいみつもりの略語で、複数の業者からサービス内容や料金などを示した見積もり書を提出してもらい、その内容を見比べもっとも条件がいい業者を選ぶ手段を指します。

「できることなら、うちに全面お任せとなれば嬉しいです。それでもあいみつをお勧めするのは、お客様の理想を叶えてくれる店選びをしていただきたいから。差し出がましいようですが、色んな店を知ったほうがお客様のためになるのではないかという気持ちの表れなのです。有名無名を問わず、エクステリア専門店はたくさんあります。その中からエバーグリーンエクステリアを選んでもらえたら何より。ですが僕自身、承知しているんです。うちにないデザインができる店があることを。だからこそ勉強して負けない努力をする。それもあいみつの効果ですね」

例えあいみつを取られようと負けない自信がある。石井さんは暗にそう言いたいのだと思います。ただし、一般的にあいみつの決め手となる価格、ひいては安さを競争材料にする気はないそうです。石井さんが危機感を抱いているのは、地震大国であるこの国で、家だけではなくその周囲、庭やエクステリアも安全・安心をもっと重視するべきではないかということでした。

「お客様にお伝えしたいのは、庭まわりやエクステリアにおいても安全と安心を第一に考えてして欲しいということです。その安全と安心に関して、最大限の自信を持ってお客様の庭づくりをお手伝いさせていただきます」

安全と安心。その条件を担保する具体的な手段として、エバーグリーンエクステリアでは業界最長となる10年保証をオプションで用意しました。災害に強い家は次々に登場する。それに対して庭まわり・エクステリアも安全と安心を保証できないのはおかしい。業界内でいち早く10年もの保証プランを打ち出したのは、そうした石井さんの意思表示でもあるのです。

「お客様と徹底的に話し合う手間を惜しみません」

価格には関してはこんな話もしてくれました。より多くのお客様の希望を叶えるためにも、低予算のご相談にも積極的に応じていくそうです。

「予算が低いからと庭づくりに二の足を踏んでいらっしゃるお客様たちは少なくありません。そんな方々にも庭づくりの楽しさを知ってもらうため、お客様の希望を実現していかなければなりません。とにかく、安い商品を買ったから扱いが悪いなんてことは絶対にしたくない。例えばお金がない若い時には、どうしたって安い結婚指輪しか買えませんよね。それでも宝石店から感謝のハガキが届いたら嬉しいじゃないですか。値段に関係なく感謝の気持ちは大事にしなくてはいけない。そして僕らは、値段を問わず安全と安心にこだわり続けなければと、そう考えます」

あいみつの勧めや、価格を問わず、家だけでなくお庭にも安全と安心を提供したいという想い……。これらのお話は、石井さんの誠実さを表していると言えるでしょう。そしてまたその誠実さは、お客様との対話の中でも、理想と現実のギャップという形で現れるそうです。

「お客様の考えやセンスはまちまちなので、僕らが最善を尽くしたプランを提案しても受け入れていただけず、何度も意見交換を重ねる間に正解が見えにくくなる場合があります。ですが、一周回って最初に提案したプランに戻るケースが実は多い。だからと言ってその間に費やした時間が無駄だとは決して思いません。何しろ大事な庭ですから、お客様の意見や考えを出し尽くしてもらう時間は必要不可欠です。僕らも、お客様と徹底的に話し合う手間を惜しみません」

顔がわかる会社であることも、お客様に提供できる安全と安心

石井さんには会って聞きたいことがありました。エバーグリーンエクステリアのホームページ、会社概要の項には、代表取締役や工事課長、営業課長といった役職者はもちろん、プランナーや営業、現場で働く若い工事担当まで一人ずつプロフィール写真が掲載されています。そこまでスタッフを紹介するのは珍しいと思ったので、その意図を確かめたかったのです。

「一人ひとりの顔がわかるのも安全・安心につながるからです」

徹底していると感心しました。それは前編でお伝えした、「これからの時代を見据えた新しい職人像をつくり上げたい」という創業理念がまったく揺らいでいない証しなのだと思えたからです。

密なコミュニケーションを取り続けることで、お客様の信頼を勝ち取る。評判は評判を呼び、まだ若い芽と言えるエバーグリーンエクステリアの濃緑な不朽は形づくられていく。強いて言えばプランナー側も、お客様とのディスカッションを丁寧に行うことで、納得と満足を得られる仕事が果たせるはず。そこに向けた想いの表れが、ショールーム内に飾られたポスターの“情熱外構”。そのスローガンに込められているのは、社員一人ひとりが時代に即した“話せる職人”となり、お客様の期待以上を実現できる人間になるという誓いなのでしょう。安全と安心。石井さんが語ったキーワードは、これからの庭づくりの重要なポイントになるはずです。

プロフィール

石井 良男

1971年生まれ。株式会社エバーグリーンエクステリア 代表取締役。学生時代は野球一筋、現在はゴルフが趣味で、スコアはシングル。20歳の時から23年間、職人としてエクステリア業界で経験を積み、43歳で株式会社エバーグリーンエクステリアを設立、今に至る。


HP:http://www.evergreen-ex.com/

Text:田村 十七男
Photos:松嶋 仁