自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.26

株式会社グリーン・エクステリア・代表取締役 永井 秀明さん【後編】

お庭やガーデンルームが日常の風景にとけこむまで。息の長いおつきあいから生まれる“自分らしい”お庭づくり

SHARE

お庭やガーデンルームが日常の風景にとけこむまで。息の長いおつきあいから生まれる“自分らしい”お庭づくり
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

「お庭への『想い』を『カタチ』に」をコンセプトに、地元・兵庫県小野市を拠点に、地域に密着して、お庭づくりのサポートを行っている、株式会社グリーン・エクステリアの永井 秀明さん。前編では、永井さんにご自身と自然との関わり、自然に対する想いをたずねました。この後編では、具体的なお庭づくりを考えた時に留意したいこと、最近のトレンドなど、プロの視点からお庭づくりについて語っていただきます。

小さなスペースを活用したいというニーズが増加中

永井さんがグリーン・エクステリアを設立したのは十数年前。エクステリアの黎明期だった当時と今とでは、お客様との打ち合わせの際に出てくる単語が大きく変わっているそうです。

「私が(グリーン・エクステリアを)開業した時は、木をどうしたい、生垣をどうしたいといった相談が主でしたが、ここ最近もっともよく出てくるキーワードは、『バーベキュー』です。実際、お客様が私どもが施工させていただいたお庭でバーベキューをされている姿もよく拝見します。やはり嬉しいものですね。今ご自宅を建てられる世代の方は、生活に自然を取り入れることに長けている印象があります。庭のどこかに家庭菜園を取り入れたいという方も多いですね。自由になる敷地面積自体は小さくなっているのですが、小さなスペースを有効活用したいと考える方が増えていますね」

子どもを遊ばせるにも、芋を干すにも。日常の風景にお庭やガーデンルームを

打ち合わせに訪れる家族の形態も変わってきました。十数年前は親御さんと来られるご夫婦が多かったのですが、ここ最近はご夫婦とそのお子さんで来られる方が多いのだそうです。

「僕らの世代は親が多少、お金を援助してくれるケースも多かったのですが、今の方はすべてご自身たちで出される場合が多い傾向にあります。インターネットを使って情報を収集しやすくなったこともあってか特にここ2、3年は、勉強されてからいらっしゃるご夫婦も多いですね。みなさん、しっかりされています」

永井さんは、お庭のあり方にも明確な変化を感じています。かつて“見せる”ものだったお庭は、今は、“使う”ものに変わってきているのだそうです。

「植栽を整え、庭をきれいにするのは、以前はお客様が来た時の見栄えを良くすることが目的だったように思います。それがここ最近は、自分の生活スタイルを反映させたものであり、その中で“使う”へと変化してきています。以前手がけたお庭を訪れると、ガーデンルームの中で玉ねぎやさつまいもが干されていたり(笑)。一瞬目を疑いましたが(笑)、お庭やガーデンルームを存分に使いこなしていただいているということです。生活感があるのはとても素敵なこと。施主様の日常にお庭やガーデンルームがすっかりなじんでいるということは、施工を手がけた私どもからしたら非常にうれしいものです」

“想い”を“形”にする段取り

自分のスタイルに合った庭を作って生活に取り入れたい、せっかくなら庭づくりにもこだわりたい──。けれど“想い”を実現するためには予算が足りないという人も少なくないでしょう。

「一度に完成させなくてもいいんです。優先順位をつけて、まずは最低限やりたいことから手を付け、第二段階、第三段階と進めていってもいいと思います。お金をまわせない分はローンにすることもできます。方法は様々です」

自宅を構えるにあたって初めてお庭づくりを行う、という人は多くいらっしゃいます。いえ、そういった方が大多数ではないでしょうか。具体的に、どんなところから手を付ける人が多いのでしょうか。

「ほとんどの方は境界の工事から先に手がけられます。それから道路から玄関へのアプローチ、具体的にはポストと照明、インターホンなどの整備です。まだご予算があるようでしたら駐車場をコンクリートにしたり。将来ウッドデッキを付けたいので、この場所を空けておいてほしいというご要望を頂くこともあります。最近の傾向として、土地に対して、建物をできるだけ敷地いっぱいに建てていることが多いのですが、それでもお庭が欲しいというお客様は、日当たりの良いスペースをお庭のために確保しています」

さらに「シンボルツリー一つでだいぶ変わってきますよ」と永井さんは続けます。

「お庭づくりにあたっては、かっこつける必要も難しく考える必要もありません。自分たちが楽しめ、例えばここに芝生があったら子どもたちが遊べるなとか、ほかの誰でもない自分たちが生活の中でいいなと思える、自分たちが居心地の良いお庭をつくればいいんです。使いにくければつくりなおせばいいんです。車と同じです。車も乗りにくかったり、飽きたりしたら手を入れたり、ライフステージの変化とともに買い変えたりするでしょう? それと同じです。見積もりも車と同様、無料ですから気軽に相談してください」

息の長いお付き合いから生まれる“自分らしい”お庭づくり

地元に密着している業者ならではのメリットはこういったところにあるのかもしれません。一度の工事でお庭を仕上げなくても何度かの小さな工事を重ねて、理想のお庭をつくりあげていくことができるのです。

「先日、10期目の工事を行ったお客様もいらっしゃいました。もう家族ぐるみの付き合いですね。そういった関係性ならではのご提案もできると思います。ぜひライフスタイルにお庭を取り入れてほしいですね。そして、お庭づくりは自分が楽しくなければ意味がありません。何をしたいのか、どんなものを取り入れたいのか──。お庭づくりは自由。お庭にもあなた“らしさ”を活かしていただきたいです。人と同じである必要はありません。自分の好きでいいですし、ライフステージや嗜好の変化とともに手を加えるのもまた自由です」

生活に密接に関わり、何より持ち主の生活スタイルを雄弁に語るお庭という存在は、私たちの人生に鮮やかな彩りを加えてくれるものなのかもしれません。あなたは今どんなお庭をつくりたいですか?

プロフィール

永井 秀明

1971年生まれ。株式会社グリーン・エクステリア代表取締役。ゼネコン勤務後、グリーン・エクステリアを設立。生まれ育った兵庫県小野市を拠点に、地元に密着した。お庭への「想い」を「カタチ」にする外構、エクステリア施工を手がけている。


HP:http://green7.jp/

Text:長谷川 あや
Photos:松嶋 仁