自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.26

株式会社neutral・代表取締役 赤川 俊和さん【後編】

服を選ぶようにエクステリアをデザインすれば「もっと素敵な家になる。」

SHARE

服を選ぶようにエクステリアをデザインすれば「もっと素敵な家になる。」
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

海外の有名デザイナーが設計した住宅やお庭の写真を見て、「こんな家に住みたい」と思う人は少なくないでしょう。クールでかっこいい自社サイトの施工例を見て、愛知県はもとより、遠方からもお客様が相談に見えるという株式会社neutral。前編では代表の赤川 俊和さんのデザインに対する並々ならぬこだわりについてお話をお聞きしました。後編では、具体的な事例や同社へのお客様の主なご相談をご紹介します。

何もない10坪の空間に“庭”としての機能を与える

自社サイトの施工例はどのお宅もセンスと高級感あふれるシンプル&モダンな外構やお庭の事例がふんだんに見られる「NEUTRAL」のデザイン。依頼されるお客様もそのセンスに惚れ込んでというケースが多いそう。そんな中でも現実的な困りごとの相談ももちろん存在します。

「庭に関する不満というか重要性は住んでみて初めてわかる部分ではないでしょうか。例えば建物の引渡しの際は土がむきだしになったままだったりするわけです。10坪のスペースが活かされてない。もちろん家を建てる時はそこまで予算や考えが及ばなかったりするのですが、土のままではそもそも家としての機能が完成していないんです」

そこへリビングからフラットに外に出られるウッドデッキや植栽を施工することで、家としての機能が広がり、外で過ごす楽しさも生まれると言います。そもそも新築時に庭のイメージがない人は多く、そうした場合にビフォー・アフターの画像を見てもらうことで、家づくりにおける庭の重要性を理解してもらうことが大切だと赤川さんは言います。また、実際に家の基礎は地面から60cmと高いので、ウッドデッキなどで床の高さとフラットにしない限り、外に出ることはほぼなくなるという事実もあります。

「家と庭の高低差で外に出ないという現実的な問題は、ウッドデッキをつければ庭に出るようになるので、それで例えば小さいお子さんがいらっしゃるご家庭なら、庭での新しい思い出もできるわけで、そう思えば安いものだと思いますね。別に他のことをしなくても、2、3歳のお子さんが家の外、お庭で遊んでいる姿を見ると、『ああ、これだけでいいんだ。これで十分だ』と思うこともあります」

植物を取り入れたモダンデザインで合理性と豊かさを両立

また、モダンデザインの庭づくりを希望されるお客様の中には、合理性を重視する方も多いそう。

「手入れができないからデザインの中に植物を少なくしたい、というお客様もいらっしゃるんですが、そこは植物を入れないと庭の良さも半減してしまうので、CAD(Computer-Aided Design、コンピューターを用いた設計支援ツール)上で植物のある/なしを見てもらえれば大体わかってもらえます。実際に植物を入れてもらえれば、『この時期にこの花が咲くんだ』など、植物のある生活の楽しみもわかると思うので、そこは『虫が嫌いだ』と言われても、『虫は来ます、でも入れた方が良くなります』の一点張りでお話しします(笑)」

ところで、“センス”というものは具体的に言葉で伝えることが難しいもの。赤川さんはお客様のセンス、好まれるデザインをどのように汲み取り、形にしているのでしょうか?

「私の場合、お客様がこの店舗の前に車を駐め、車から降り、こちらに向かって歩いてきて、そしてドアを開くまでの間に、その方の車や服装、持ち物を見て、どんなセンスの持ち主なのか想像するんです。そして、それがわかれば、お庭やエクステリアに求めていらっしゃる好みも理解できると思います」

自らの好みやセンスに偏重することなく、お客様のセンスを理解した上で、家とエクステリアや庭をトータルにデザインすることで、そこに住む人が全方位で居心地の良い空間をつくることができるということなのでしょう。

トータルデザインで叶う、ほっとする家、帰りたくなる家、人を招きたくなる家

赤川さんが、このお仕事で醍醐味を感じるのは、お客様から完全に「お任せで」という依頼されるときだと言います。

「うちがやるデザイン、その一点で『お任せ』なのではないでしょうか。そういうお客様の場合、家のデザインやインテリアの相談に乗ることも多いんです。家の図面も持ってきて、間取りや外壁の相談は当たり前ですね。そうやってインテリアとエクステリアの相談を包括的にしているうちに、エクステリアの重要性をますます理解していただけるのです」

  • 赤川さんが、お客様から完全に「お任せで」つくったお庭。いつ、どこから眺めても、美しいお庭になるよう意識したと言います。

「もっと素敵な家になる。」をコンセプトとして掲げるNEUTRALの本領発揮とも言える、家全体を居心地の良い空間にするためのトータルでのアドバイス。新築時に理想を叶えたい人には心強い味方と言えるでしょう。

「そこまでやるのは正直大変なんですが、うちのサイトでコンセプトや事例をご覧になって、『ご家族のために、真剣に考えるんだ』という気持ちが伝わっているんじゃないでしょうか」

自分の家が見えてくる帰り道。家の中はもちろん、門や塀、そこにアレンジされた植栽やライトアップに思わずホッとしたり、嬉しい気持ちになれば、帰りたい家であるだけでなく、人も招きたくなるもの。そして庭にも住まう人のセンスが溢れていれば、敷地の中すべてが居心地の良いものになるでしょう。

かっこいいデザインの家に住みたい──お客様のシンプルな要望をトータルに叶えるために大切なエクステリア空間のデザインを“百聞は一見にしかず”の事例でアドバイスしてくれるNEUTRALは、住空間に妥協したくない人にとってこの上なく頼もしい存在です。

プロフィール

赤川 俊和

1978年生まれ。株式会社neutral 代表取締役。ハウスメーカー、外構会社勤務を経て、2011年3月に愛知県下の名古屋市、豊田市、小牧市にオフィスを構えるエクステリア・ショップ「NEUTRAL」を設立。シンプル&モダンを得意とし、2013年から5年連続で各メーカーが主催するエクステリア施工コンテストで全国大賞を受賞。


HP:http://www.wise-nagoya.jp/

Text:石角 友香
Photos:大石隼土