自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.26

株式会社 美興プランニング・代表取締役 髙本 興さん【後編】

ただデザインが美しいだけでなく、誰かに自慢したくなるようなポイントを提供したい

SHARE

ただデザインが美しいだけでなく、誰かに自慢したくなるようなポイントを提供したい
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

樹木を始めとする自然物をガーデンデザインの必須とするのは、単にデザインに頼るのではなく、そこに住まう人の自然な営みを生み出したいから──。前編でそんなお話を聞かせてくれたのは、独創的な発想で県内外から多くの支持を集める岡山・和気町の株式会社 美興プランニング。後編ではその具体的な実力を紹介していきます。

  • 美興プランニングの敷地内には遊び心あふれる置物を随所に見つけることができます。

不快に感じる雨の日すら特別なものにするプランニング

「自分のプランにいつも取り入れようとするのは、朝食のリビングから窓越しに眺める美しい庭の景色。そこから季節の移り変わりを感じ取れることと、リビングで交わす何気ない家族の会話も含め、日々を自然に過ごせることを考えるのが大事」。これが、美興プラニングの髙本 興さんによる自然浴生活の定義です。

「それともう一つ、お客様がふふっと笑ってしまうネタをさり気なく盛り込むことも常に忘れません」。オリジナリティを追求するガーデンデザイナーが用意する笑いのネタとはどんなものか、美興プランニングの施工例で説明してもらうことにします。

まずは、美興プランニングのホームページ内『AWARDS』の項で上段に位置する作品から。自然樹形の雑木の配置と、玄関につながる長いステップが宙に浮いているように見せる工夫が特徴的で、施工例を分解して披露している写真群には、「高低差のアプローチを浮遊したデザインでお洒落に見栄えよく、カールーフで濡れずに玄関まで、という快適さと素敵さを兼ねたファサードデザインです」というキャプションが添えられています。

「長いステップを何枚か組み合わせ、ステップ間の空洞にライトを仕込むのが僕の最近の売りです。この案件では溶岩を使ったステップを採用し、雨の日にはライトの光で独特の輝きが生まれることを狙いました。さらにその上を流れる雨水からは、上品なせせらぎの音が聞こえる。いや、実際には聞こえません。けれどニュアンスはお客様にも伝わると考え、プランニングの時点でお話しました。このエクステリアなら、ガレージから玄関の導線上で濡れずに済むだけでなく、雨の日だけの特別な味わいがありますよと。すると、お客様もうれしそうに笑ってくれました」

「誰かに自慢したくなるポイントを提供したい」

もう一つは、お客様とのヒアリングで聞いた話からヒントを得た事例です。メインカットは、ライティングの妙をアピールする夜景。ホームページのキャプションは、「石目タイルでつくる浮遊のステップと素敵な雑木がファサードをカッコよく素敵に」。

「先と同じく、ステップの組み合わせが特徴的な施工例ですが、こちらのステップはもっとも長いところで奥行きが2mあるので、空洞の距離もかなり長いんですね。これなら猫ちゃんも雨宿りできちゃいますよと」

「実は最初、猫が庭に寄ってきて困るという相談を受けていたのですが、それを逆手に取ったというか……」。そんなことをしたらお客様に怒られるのではないかとたずねると、「やっぱり、クスクス微笑んでもらえました。笑ってしまうネタというのは僕なりの表現ですが、相応の費用をかけて外構を改修していただくなら、ただデザインが美しいだけでなく、誰かに自慢したくなるようなポイントを提供したいんです」

実は、上記の二つの例をショールーム内のモニターに映し出す直前、髙本さんは不意にこんなことを言ったのです。「笑わせてナンボなんですよ」。庭づくりを相談しにくる相手を笑わせるとはどういうことだろうと不思議に思っていたのですが、話を聞き終えて合点がいきました。

雨の日の特別な味わいも、猫の雨宿りも、全てはお客様に贈る髙本さんのプレゼント。おそらくお客様は、デザイナーである髙本さんが語った笑える小ネタを、同じフレーズで誰かに伝えるのではないでしょうか。満足感を「クスクス」で共有してもらいたいがために。たぶん髙本さんはそこまで計算していると思います。それが確信できたのは、こんなセリフを口にしたからでした。

「誰かに自慢したくなるポイントがあるとないでは、愛着の度合いが違ってくるはずですから」

どんな案件でも自然浴生活を実現できる秘策!?

美興プランニングのホームページでは、『AWARDS』欄以外にも予算や規模が異なる数多くの施工例が紹介されています。そのどれにも髙本さんが言う「誰かに自慢したくなるポイント」が盛り込まれています。全ては、お客様の条件に鑑みた上で、長く愛される庭とするために。

「お客様には夢や希望があると思うんです。例えば自然浴のイメージに近いガーデンハウスを備えたいとか。でも、家が建っている背景がガーデンハウスにそぐわなかったり、通りから庭が丸見えになってしまう場所もある。新たに庭を整えるならバーベキューをしたいという要望もありますが、現実的には近隣の迷惑を無視できない。それから岡山というのはクルマ社会ですから、一軒で2~3台は当たり前。庭のつくり替えに合わせて4~5台分のカースペースを確保したいというリクエストもあります。それが優先されれば、いくら広い敷地があってもバランスが取れたデザインはしにくくなるという、作家泣かせのケースも少なくない。本当に条件は様々ですね」

それでも髙本さんには、どんな案件であっても自身が定義する自然浴生活を実現できる秘策があると言います。

「だからこそ、リビングからの美しい景色が大事なんです。それならどこでもつくることができる。要素として欠かせないのは、やはり緑です。カーポートを設置する場合でも、ただ置くだけでは金属の硬さが目立ってしまうので、庭の自然さを保つには適度に樹木を植えなければなりません。それは量の問題ではなく、美しいバランスを生み出すために」

あくまで社名のままに、美を興すことにこだわり続ける。それが髙本さんの流儀です。では最後の質問。お客様にはどんなリクエストをしてほしいですか?この問いにはしばし考え込んだ後、最初の印象通り謙虚さをたたえながら、しかしはっきりとこう答えました。

「全てお任せが理想です。そうご依頼されたら、必ず誰かに自慢したくなるガーデンプランを提供できる自信があります」

プロフィール

髙本 興

1973年生まれ。株式会社 美興プランニング 代表取締役社長。「日本のエーゲ海」と名高い岡山県牛窓町に生まれる。学生時代は空手、野球などに打ち込む。社会人になってからは大阪のパチンコ屋さんに4年、総合建設業で土木の現場監督を10年経験し、34才で独立し、株式会社 美興プランニングを設立。その翌年から10年連続で、大手メーカーのエクステリア施工コンテストで表彰されている。


HP:http://www.bikouplan.co.jp/

Text:田村 十七男
Photos:松嶋 仁