自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.19

株式会社アサヤマ建設・代表取締役 朝山 晃司さん【後編】

正解のないお庭づくり。お客様一人ひとりのお庭をつくる理由に向き合ってこそ

SHARE

正解のないお庭づくり。お客様一人ひとりのお庭をつくる理由に向き合ってこそ
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

栃木県宇都宮市や真岡市を中心にエクステリア業を営む株式会社アサヤマ建設。この地域には、長年にわたりこの地で暮らすご家族から、自動車関連産業や精密機械産業に従事する30〜40代の現役世代も多いと言います。前編では代表の朝山 晃司さんがご自身の経験から、身近に自然がある生活がもたらす癒しや憩いについて、その重要性を話していただきました。後編では、働き盛り世代のお客様から寄せられるご相談に対するアドバイスや朝山さんのお庭に対する考え方をお聞きします。

なぜ、その木が必要か?

合理的なお庭にしたいと、相談に訪れるお客様の大半は、それまで生垣だった木を切って欲しい、手のかかる木は植えたくないなど、植物に対しては残念ながら前向きではない要望が多いそう。

「木や植物を入れた方が庭は素敵になるんですが、ただ『少しでも植栽を』と言葉で説明しても伝わりにくい。最初のプランの段階で、門柱の後ろに一本、目隠し的な木を描いて提案します。その中で選ぶか選ばないかはお客様に自由にしていただくんです。お客様が『ここは省いてもいいかな』というチョイスができるようにしていますね」

選ぶ木も、コニファーなど葉が落ちやすいものではなく、スッと伸びて目隠しと兼用できるものをフェンスと合わせて提示。手入れが楽な木の説明なども丁寧に行います。中には、リフォームの際にそれまであったお庭の木を全て抜こうとしていたお客様も、一本だけ家族のシンボルツリーとして移植し、残すことになった例もあるそうです。

「雑草のお手入れをする時間がないというお客様の中には、お庭の土の部分はもう芝生も嫌です、木も嫌です、全てコンクリートを敷いてくださいと依頼されるケースもあります。コンクリートは熱を持ちますし、自然物がなければなおさらです。ですので、そういう場合は『それだと本当に暑いですよ?』とご説明して、少しでも間を開けて砂利をひき、人工物じゃないものを入れてみたり、小さいスペースでいいのでサークルで囲って植木を1本を植える提案をさせてもらいますね」

実際の施工事例から学ぶ、プロの意見を聞く

30〜40代の働き盛りで、小さいお子さんがいらっしゃるご家族で、お家は新築。その後、何年か経過してからのお庭のリフォームの相談が大半を占めると言います。

「新築を買ってから、庭に何も手をつけていなかったとか、買った時に何もしていなかった方もいらっしゃいます。少し住んでみて、何が必要なのか考えてから、エクステリアや外構をやりましょうというケースが多いです」

以前はエクステリアにかかる予算はかなり低く見積もられていたそうですが、最近では事前にネットで下調べをして、予算を把握しているお客様は増えた印象だそうです。

「そこで、先ほどもお話ししたように、こちらからはお客様にとってベストな提案をまずします。お客様はどんないいものや新しい商品があるかはご存知ないですから。もちろん、プランの中で植木や天然芝が嫌なら人工芝にしましょうとなります。予算を優先される方、プランを優先される方、どちらもいらっしゃる。そこは選んでいただけるように、ベストのプランを出すわけです」

ベストなプランでも予算的に全ては実現できない、もしくは一度にはできないなど、各々の事情はストレートにすり合わせた方がいいとも言います。ただ、お庭の問題は解決したいと思った時が最もモチベーションが高いので、具体的な相談にも意欲を持てるのは確かでしょう。

外構やお庭の施工会社のホームページでは実際の施工事例が数多く紹介されています。こういった情報を参考に、自分はどうしたいかという具体的なイメージを持ってプロに相談すれば、限られた打ち合わせの時間もより収穫の多いものにできるでしょう。特にアサヤマ建設のホームページでは“ありがちな失敗事例”まで紹介されています。転ばぬ先の杖、失敗事例からも学べることも多いかもしれません。

お庭づくりには、家族の数だけ正解がある

実は朝山さんのお嬢さんも昨年、家を新築されたそう。

「天然芝は大変だよって忠告したんですが、それでもいいと言って、芝刈り機を買って手入れしてますよ(笑)。あとは家庭菜園でキュウリを作ったりしてますね。共働きでもそういう風に世話ができる人もいる。最近は花壇より、畑が欲しいという人が増えてるんです。花より実がなるものがいいのかもしれないですね。そんな場合も、畑の周囲に木を植えると目隠しになるだけでなく、木陰をつくってくれ、体感温度も下がっていいんです。また、木に沿ってゆるくカーブしたベンチなどを置いてあげると、畑だけでなく、そこでお茶を飲んだりして、お庭で過ごすのが楽しくなると思いますよ」

植木も花壇もいらないと思っていた人が、家庭菜園ならやりたい場合もあるでしょう。まさに真相=本当はお庭で何をやりたいのか?をプロは引き出し、お客様と話せてこそ、理想は現実に近づきます。

「お庭の使い方は色々ですよね。庭に降りて楽しむ、庭を見て楽しむ。部屋の中から見て楽しむ方もいますから。でも、お子さんが小さい時は庭に出て走り回ることも多いと思うので、なるべく庭としてのスペースをとってあげる。例えば段差がある場合はスロープにしてあげる。そしてお子さんがもう少し大きくなったら、デッキをつけて縁側のように腰掛けて過ごす。部屋の中から庭を楽しみたい方には、外の部分を少し手前に持ってきて、坪庭のようにして見て楽しめるようにする。庭は、一律『これがいいですよ』という正解はないんです」

ライフステージに応じて、無理のない範囲でお庭をリフォームしていく。それは家族の数だけ正解もあるのでしょう。

花壇より家庭菜園を希望する人と同様に、アウトドアリビングもさらに浸透して欲しいと朝山さんは言います。

「リゾートに出かけてグランピングするのも、自然を愛でる人が増えているということなのでいいことなんですが、そこまで行けない人の方が現実には多い。そこで家の庭でテントを張るとか、キャンプの真似事でもいいんですよ。そういう遊び方の提案をもっとしていきたいですね。人間、ジャンプしても手が届かないものはやらないですが、ちょっと背伸びしたらできそうなことには興味がありますから」

前編でお話しいただいたように、日常の中にも自然を感じ、今や生きているものに日々エネルギーをもらっているという朝山さん。その実感をもとに提案されるプランと、お客様各々の理想と事情を突き詰める姿勢。プランの段階で懸念材料を解消し、実際のお庭づくりを行うことが、自然を取り入れた生活を楽しむ秘訣と言えそうです。

プロフィール

朝山 晃司

1958年生まれ。株式会社アサヤマ建設代表取締役。兵庫県神戸市生まれ。1994年に会社を設立、栃木県宇都宮市、真岡市を基点に地域密着型の外構、エクステリアショップとして数多くの施工を手がける。1級建築施工管理技士、2級建築士、2級土木施工管理の資格を保有。


HP:https://asayamakensetu.co.jp/

Text:石角 友香
Photos:大石 隼土