自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.19

株式会社 東万・代表取締役 鈴木 理雄さん【後編】

お庭づくりを通じて笑顔とユーモアのある暮らしを提案する

SHARE

お庭づくりを通じて笑顔とユーモアのある暮らしを提案する
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

三重県津市に本社を構え、県内に3箇所のショールームや営業所を持つ株式会社 東万。国内の資材はもとより、ドイツのグラスハウスの販売、また、大規模な展示会を開催するなど、他とは一味違うお客様各々のニーズに応えるお庭づくりを展開しています。インタビュー後編では、代表取締役の鈴木 理雄さんにお庭づくりで押さえておきたい知識をお聞きしました。

お庭も「ミニマルデザイン」と「ローメンテナンス」の時代

インタビュー前編でも、自然はいいものではあるけれど、庭という空間は快適であることが最重要だと鈴木さんは力説されていました。具体的なお客様のニーズを汲んだトレンドとして、「ミニマルなデザインとローメンテナンス」を挙げています。

「まず雑草は切実な問題だと思います。草抜きの時間や手間を考えれば必然的にローメンテナンスなしつらえになる。デザインの傾向はミニマルが主流ですね。それはガーデンに限らず、例えば車も大きくて派手なスタイルがかっこいいと思われていた時代から、今は高機能でコンパクトなものが求められている。時代が車にせよ、建築にせよ余計なものは取り除いて高機能でコンパクト、シンプルというものを求めているという意味で、ガーデンもそうした方向性に向かっているのは確かです」

ライフスタイル全体の統一感に配慮してこそ、機能的で居心地の良いお庭が完成する。さらに言えば、ガーデンルームやウッドデッキといった庭を楽しむ設備がリーズナブルであることも大切だと鈴木さんは言います。

「もちろん、高価な輸入商材をわざわざ見学に来られて契約してくださるお客様もいますが、まずは快適な外の空間をリーズナブルにご提供できれば、より多くのお客様に喜んでいただけるのではないかと感じています。休みの日に外で食事をするにしても、リビングから続いているスペースなら、大がかりな準備をする必要もない。スッと外に出られればストレスもないし、そういう機能性こそリーズナブルに提供したいと思います」

暮らしのストレスを解消する事は大事な要素

また、庭での時間を楽しむ以前の問題として、プライバシーを守る上でもお庭は重要な役割を果たすことも。

「プライバシーの問題も切実じゃないでしょうか。庭を有効活用したいけれど使えない、使わないという人の中には、人から見られているからという理由が想像以上に多いんです。お隣とのトラブルにもなりかねないですし。アウトドアリビングを活用するという事は、プライバシーの確保が重要になってきます。そういう場合、フェンスをつけたり、簡単なことなんですが、そういうこともエクステリアが本来持っている大事な要素じゃないかなと考えます」

暮らしの中のストレスを除去することもエクステリアの大きな役割だと言う鈴木さん。

「例えばカーポートは庭ではありませんが、車を停める機能だけではないですよね。それをつけることによって雨の日にお子さんが濡れずに家に入れるし、奥さんは買い物の荷物を持ってそのままキッチンに入れたりする。プラスアルファになっているわけです。特に都会だと庭に広いスペースが確保できない場合、車を出してそのスペースでバーベキューやプール遊びをされていたりする。つまりちょっとした日よけになっているんです。広いお庭が理想でも、実現しない場合もある。時にはカーポートがお庭の代わりになることもある。そうした事実も踏まえる必要もあります」

お客様の困りごとは十人十色。様々な角度からの相談があるだけに、前例や他の事例にとらわれることなくプランを練り上げていくと言います。

「それこそ多様な生き方や、ダイバーシティという考え方が浸透してきた時代ですから。昔とは家族のあり方もライフスタイルも違いますし、それぞれが正しいですからね。なので当社は一からデザインしてつくることも大事だと思いますし、すでにある商品が持つ機能性も快適な生活を過ごす上では外せないものだと思うので、どちらかに偏ったご提案はしないようにしています」

庭の何にこだわるか?を精査する

前編でも紹介した、“庭と鮨は似ている”理論。鈴木さんは業界が異なっても老舗には共通項が多く、学ぶ事が多いといいます

「業種を問わず、老舗は常に新しいことに挑戦し続けている。そして質の高いサービスをリーズナブルに提供している事もお店が永続している秘訣だと考えています。世の中には素晴らしい価値を提供する老舗が多く存在するので、そういったお店に少しでも近づけるようにとスタッフにも研鑽を積むよう話をしています」

そういったお話からも、当社はお客様から何を求められているか?を大事にする鈴木さんのスタンスが伺えます。そして当社の事をよりお客様にご理解頂けるように、自社の創業時のからのヒストリーボードをショールーム内に掲げたり、植えてある木々に学名や品種の説明を表記したりと そこには“長く親しまれる老舗”のように、工夫を凝らしお客様に納得感のある表現で、暮らしに笑顔をもたらしたいという思いが、ユーモアと共にありました。

困りごとの相談から理想の住まいや趣味の話まで、居心地の良いショールームでじっくり話すことで、プラスアルファの提案が可能になる。東万は、国内外の多彩な事例からインスピレーションを得た、アイデアに満ちたお庭づくりを実現できそうな心強い味方です。

プロフィール

鈴木 理雄

1973年生まれ。株式会社 東万 代表取締役。大学を卒業後、大手エクステリアメーカーでの勤務を通じてエクステリア業を学び、その後家業を継ぐ。国内の商材はもちろん、自社オリジナル建材やドイツ、イギリスの商材輸入、大規模な展示会なども開催。個人宅、公共施設の施工で三重県下のガーデンエクステリアを担う。


HP:http://toman.co.jp/

Text:石角 友香
Photos:大石 隼土