自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.19

カエデスタイル株式会社・代表取締役 藤田 一樹さん【後編】

セオリーを超えた庭づくり。生き方が多様化する時代に、住まいにも多様な選択肢を

SHARE

セオリーを超えた庭づくり。生き方が多様化する時代に、住まいにも多様な選択肢を
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

前編では、幼少期の自然の中での体験から、家とお庭とが一体となったお庭づくりの大切さまでを語ってくれた、福岡県全域でガーデンエクステリア事業を展開するカエデスタイル株式会社の代表取締役・藤田 一樹さん。では具体的には、どんな風にお庭づくりのアイディアを形にしていくのでしょうか?

セオリーを超えた、それぞれのライフスタイルに即した庭づくりを

藤田さんが大切にしているのは、一般的なセオリーをそのまま当てはめるのではなく、それぞれにあったお庭を提案すること。人のライフスタイルや家の立地は人によって様々だからこそ、その人に合ったお庭を考えることが大切です。

「建築家の方には『庭は南に』と考える方も多いですが、もしもそのお宅の南側に道路があった場合、そこにお庭をつくると道路から丸見えになってしまいますし、日差しも強くなるので、目隠しや日除けを上手く作らないと実際には活用しづらいお庭になってしまいます。そういう意味でも、僕らが初期段階から関わらせていただき、居住スペースとお庭とのバランスや、その時点で先行工事をどこまで進めるかを考えることで、理想の暮らしを実現したり、余計な費用がかかる可能性を低くしたりすることができると思います」

家と庭との最適なバランスは、それぞれの家ごとに大きく違います。だからこそ、「最初にご自身が求めていること、実現したいことを把握することが大切」と藤田さんは言います。

「ガーデンルームやテラスをつくる時にも、まずは『その方が普段どんな生活を送っているか』ということをヒアリングします。ウッドデッキが欲しいというお客様がいても、すぐに作業を始めるのではなく、『なぜ欲しいのか』という理由や目的をあらかじめ共有することで、こちらも最適なものをご提案できます。その結果、『ウッドデッキでバーベキューをしたいから』という理由だった時に、立地として炭火のバーベキューだと近所の方に迷惑がかかりそうなら、『ガスにしませんか?』ということまで提案します。使う方のニーズや周囲の環境によって、最適な方法を模索するのが僕らの仕事ですね。借景やライティングも同じです。『この方はソファに座ることが多いから、その角度から見える景色を綺麗にしよう』というケースもありますし、共働きで日中は忙しい方々の場合は、『夜景が綺麗に見えるお庭にしよう』と考えます」

  • 誰が、いつ、どこで、どんな時間の使い方を計算して設計するという藤田さん。このソファからはどんな眺めが楽しめるのでしょうか……。

エクステリアに植物を取り入れることで、時間の流れを意識できる

そんな藤田さんが“お庭”に感じる魅力とは、どんなものなのでしょうか?

「それはやはり、人とのつながりや、人の流れが生まれることだと思います。もちろん、家の中でも人とのつながりは生まれますが、お庭があると、家の中にもう一つ新しい居場所ができますよね。そしてその結果、その方のライフスタイルが徐々に変わっていくこともあります。ガーデンルームやテラスをつくったことで、今まで以上に会話が増えて仲が良くなったとうご夫婦や、お庭を綺麗にして外に出やすくしたことで友人を招くようになった奥様など、僕自身そういった声を数多く聞いてきました」

そうして一人ひとりの生活に寄り添う一方で、藤田さんは現在、分譲地のランドスケープデザインのお仕事も担当しています。ここでは敷地内だけでなく、その土地自体の歴史も意識しながら、大きな視野でお仕事を進めていくそう。

「分譲地のプロデュースでは、敷地内だけでなく、周りの街並みも含めたバランスが大切です。人がその空間に歩いてきた時、何がどう見えて、どんな風景が連続していくのか──。それに加えて、その土地の歴史を理解することも大切なので、そこに流れる“時間”を意識しながら環境を整えていきます。そもそも、植物は成長していくものなので、実はガーデンエクステリアを扱うこと自体、“時間”が大きく関係するものですよね。植物がどんな風に成長していくのか、5年後、10年後の未来を想像したり、逆に過去を振り返ったりできるのも、植栽のあるお庭の魅力だと思います」

  • 街の景観をつくる分譲住宅のプロデュース。エクステリアに植物を取り入れることで“時間”の流れを意識することができると言います。

生き方が多様化する時代、住まいにも多様な選択肢を

最後に、藤田さんが思うお庭の今後の可能性とは、どんなものなのでしょうか?

「僕らが“お庭”を考える時にどうしても想像してしまいがちなのは、30代のご家族で、子どもが一人二人いて……という郊外で一戸建てを取得されるような方々ですが、実際の世の中には色々な世帯の形が存在しています。ですから、理想としては、その多様性に合ったものを用意したい。たとえば、僕が実家で暮らしていた時は祖父母、両親、自分たちの三世代で住んでいて、その中で世代の異なる価値観が同時に存在する楽しさを経験することができました。それと同じように、都市部の集合住宅でも、プライベート空間は保ちつつ、共有スペースとしてのお庭を作って、世代や性別は違うけれど、価値観に共感して人が集まる場所があってもいいと思うんです。昔の日本の“縁側”のような感覚で、そこに集まった方々の間で、『ちょっと今日飲みましょうか?』というコミュニケーションが生まれていく。賃貸でも各地にそんな場所ができれば、自分に合う地域やコミュニティを見つけられるかもしれません。そうなると最高ですよね」

時代の変化に伴い、日々の暮らしにまつわるニーズにも、様々なスタイルが生まれている昨今。お庭の使い方や楽しみ方にも、様々な形が生まれていくはず。カエデスタイルの藤田さんのお話は、お庭が自然を感じたり、人々とつながったりできる空間として、郊外/都市部を問わず現代の人々の生活を豊かにしていくという可能性を感じられるものでした。“縁側”のある集合住宅……新しくてどこか懐かしい、そんな暮らしをお望みならカエデスタイルを訪ねてみてはいかがでしょうか?

  • 8月に新設・移転したカエデスタイルの新オフィス“FUKUOKA BASE”。多様な働き方や新たなライフスタイルを発信・提案できる空間として活用していく予定とのこと。
プロフィール

藤田 一樹

1982年、福岡県生まれ。BMWディーラーでセールスを経験後、60年続く家業の造園業に転身。現場での修行や海外のまちなみ取材を経て、2011年、カエデスタイル株式会社を設立。「ライフスタイル主体の住まい」を重視する庭・エクステリアデザインのほか、ブランディングを含めた住宅地プロデュースや商業施設のランドスケープなどを手がける。

HP:http://www.kaede-style.co.jp/

Text:杉山 仁
Photos:次村 昭也