自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.19

株式会社二光・代表取締役 枇杷 光二さん【後編】

庭から家族を笑顔に。ライフスタイルを、そして人生を変える庭づくり

SHARE

庭から家族を笑顔に。ライフスタイルを、そして人生を変える庭づくり
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

先立って公開された前編では、自然や緑のある生活の魅力をご自身の体験を交えながら語ってくれた株式会社二光の代表取締役・枇杷 光二さん。この後編では、お仕事の中で出会ったお庭のエピソードを通して、庭が持つ魅力や可能性について考えていきます。

“庭”はライフスタイルを変えるもの、時に人生そのものまでも

宗像市、福津市、岡垣町を拠点に地域の人々のお庭づくりをサポートしていきた枇杷さん。そのお仕事を通して感じたのは、時に“庭”という存在が、ご家族の人生までを大きく変えていくということでした。

「色々な方を見てきた中で思うことですが、お庭を大切にされる方には、夫婦仲が良い方が非常に多い気がします。それはつまり、日々の生活を大切にされている方が多いということなのかもしれません。庭をつくることで、家庭生活の場ができあがり、その中でご家族がお庭とともに成長されていく。お子さんが成長する過程でお庭の形も変わっていきますし、そこにストーリーが生まれていきます。月日が経つにしたがって、ご家族の庭とのかかわり方や日々の暮らし方が変わって、極端な話、人生が変わっていく方もいらっしゃいます」

ご家族のライフステージの変化に合わせて、お庭の形が変わっていく。そして、お庭の存在が、ご家族のライフスタイルや時に人生そのものを変えていく。ここには庭とそこに暮らす人々との相互作用が生み出す、自然を取り入れたライフスタイルならではの魅力があります。

「ある時、お家に寝たきりのお祖父様がいらっしゃるご家族が相談にやってきました。奥様はお祖父様の介護にかかりきりで『正直言って、庭どころではないんです』と話されていました。話を詳しく伺うと、お祖父様には毎日神社に向かってお祈りをする習慣があったのですが、その際に身を乗り出して転倒してしまったので、デッキをご検討されたいということだったのです。『将来的に活用できるものにしたい』と、最終的にはガーデンルームを付けることになりました」

  • こちらが実際のガーデンルーム。「庭どころでは……」とおっしゃっていた奥様が育てたバラが咲き誇る。

「ガーデンルームが完成すると、そこは奥様が一息ついたり、ご家族がコミュニケーションを取る場所になりました。お祖父様も毎日ガーデンルームまで出てくることで、寝たきりだったのが車いすでグループホームに行けるまでに回復されたのです。お庭でコミュニケーションを深めてご家族がイキイキされたことで、お祖父さんも「自分も元気になろう」と思われたのかもしれません。また、奥様はお庭をつくる際に植えられた1本のバラの成長が楽しみになり、庭づくりの勉強を始められました。そしてお祖父さまが回復されたタイミングで、奥様が『自宅で雑貨ショップをしたい』と、新しくガーデンルームを建てられました。今はそこで、ご自分で作られた雑貨を販売しています」

お庭づくりが理想の暮らし方に気づくきっかけになる

庭をつくる仕事は、ご家族のライフスタイルや人生にまでかかわるもの。だからこそ、枇杷さんがお庭づくりに向き合うに当たって大切にしているのは、お客様の理想のライフスタイルを見定めること。庭は建ぺい率の関係で生まれる空間でもあることから、家に比べて明確な理想像を持っている方は多くはありません。しかし、その実、庭は自宅の一部を構成する場所でもある。だからこそ、枇杷さんはご家族に合った設計図を描くことが重要だと言います。

「ご相談をいただく際は、最初は “困りごと”からのご依頼がほとんどですが、私は必ず、『(将来的に)どんな暮らし方をしたいですか?』と聞くようにしています。つまり、将来こんな風に生活したい、という理想の暮らし方に気づいていただくきっかけをつくるのも、私たちの仕事だと思っているのです。また、ご家族全員に庭づくりに携わってほしいとも思っているので、よく『家族会議をしてください』とお願いしています。そこでご家族全員にどんな暮らし方をしたいか、お庭をどんな風に使いたいかを一度全部書き出してもらうのです。そうすると、お客さまが何を求めているのかが明確になることが多いですね」

“庭”から家族を元気に、そして街を元気に

もちろん、ライフステージの変化にともなって、庭の役割も変化していきます。小さなお子さんのいるご家族と、お子さんが成人を迎えたご家族では、当然庭の用途は変わります。また、そもそものライフスタイル設計によっても、その役割は大きく変化します。だからこそ、最初に理想像を明確にしつつ、家族の変化とともに、庭の役割も変化させていくことが大切なのです。枇杷さんは、庭の本質的な魅力をどんなものだと感じているのでしょうか?

「それはやはり、笑顔が増える場所だということだと思います。笑顔が増える場所は楽しい場所でもあって、そこでコミュニケーションが弾み、ご家族だけでなく、地域の方々とのコミュニケーションが生まれる場所にもなるかもしれません。私は自分の経験上、自然が人を健康にすることを実感していますし、仕事にしても家庭生活にしても、人生の中で“庭”という空間は、人を元気にできる場所だと感じています。バーベキューにしてもホームパーティーにしても、そこに活力や楽しさが生まれて、地域の方々や家族、お友達など、その輪が広がっていく。そして、その幸せの循環が広がれば、大げさに聞こえるかもしれませんが、地域社会そのものも変わっていくと思うのですよ。それは防犯や防災にも寄与するかもしれません」

庭があることで、そこが地域の様々な人々のコミュニケーションの場になり、人々の交流や助け合いの輪が広がっていく。これは「庭そのものを販売するのではなく、ご家族の理想のライフスタイルや暮らし方までをサポートしたい」という、枇杷さんらしい考え方かもしれません。そしてその視線は、現代における地域社会の変化にも向けられています。

「現代は核家族化が進行し、地域の方々とのコミュニケーションの場はますます少なくなっています。ですが、お庭には、そうした場をもう一度つくり出せる可能性もあるかもしれません。私は地元密着でお仕事をさせていただいていますが、まずはこの地域を、そうした雰囲気でいっぱいにしたい。『宗像市って人もいいし、街もキレイだし、いい場所だね』と思っていただけるような状況をつくりたい。私自身はそのビジネスを展開しながら、地域のみなさんにも、この土地の魅力を発信していただきたいと思っています。そうして、自然や庭の魅力を広めていけたら嬉しいのです」

かつて日本の地域社会に根付いていたコミュニティの知恵を現代に応用するという意味でも、お庭を通して実現できることはまだまだ多いかもしれない──。そう語る枇杷さんの考え方から、私たちが学べることも多いかもしれません。

プロフィール

枇杷 光二

1971年生まれ。株式会社二光 代表取締役。1998年に株式会社二光を設立、さらに女性デザイナーによるOnly Oneの庭づくりをコンセプトに「SHINY GARDEN」を立ち上げ、多くの庭のデザインと施工を手がける。事業を通じて「人・地域・暮らしを輝かせること」が目標。


HP:http://www.nikou.jp/

Text:杉山 仁
Photos:次村 昭也