自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.12

株式会社 タケウチ・代表取締役 竹内 靖晴さん【後編】

庭づくりの原点は「図面の上を歩く」。絆を生む空間で育まれる豊かさを一人でも多くの方に

SHARE

庭づくりの原点は「図面の上を歩く」。絆を生む空間で育まれる豊かさを一人でも多くの方に
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

「庭を通じて家族の絆を育みたい」。そう語った熊本県熊本市に本社を置く株式会社タケウチ 代表取締役の竹内 靖晴さんに、後編では庭づくりのアドバイスをたずねます。全てはプロフェッショナルらしい逆転の発想と、モノをコトへとつなげていくアイデア。壮大な願いも登場します。

ガーデンルームを備えるとリビングが整然とする

異なるコンセプトで設計された実物を直に体感し、庭の素敵さの気づきの場としたい。そのために1,000坪を超える「ガーデンギャラリー・ガレリア」を熊本市内に構えたタケウチ。竹内さんに庭づくりの具体的なアドバイスをお聞きしていきますが、次々に語られるアイデアに対してもっともふさわしい表現は“逆転の発想”でしょう。長年に渡り庭と真摯に向き合ってきたプロフェッショナルであれば、あるいは当然の考え方なのかもしれませんが、各々の庭づくりを夢見る一般ユーザーとは、その視点が全く違います。

例えば、「モノではなくコトを売る」というスタンスのもと、タケウチがもっとも多く扱うガーデンルームの利点は、まさに逆転の発想を象徴しています。

「ガーデンルームを備えるとリビングが整然とするのです。これにはお客様も後から気づいて驚かれるようです」

それはいったいどういうことでしょう。そもそもガーデンルームは、庭に向かって張り出すように備えるもの。ゆえに部屋が一つ増えたと感じられるのがメリットだろうと考えるので、リビングとの関係性に思いが及びません。

「それまでリビング内に溢れていた子どものオモチャや、ご主人の趣味の道具をガーデンルームに置いてみると、思いの外リビングがすっきりする。多くのお客様は、およそガーデンルーム単体を眺め、自宅の庭に備える喜びを想像されます。しかし私たちは、その先にある生活の改善を提案します。ガーデンルームがあれば部屋内が活きると。だから必ずしも日当たりを気にしなくていい。大手メーカーが主催するエクステリア施工コンテストに出品した私の作品は、北向きのリビングにつなげてガーデンルームを置きました。その施工例は家の設計段階から取り組むことができたこともあり、効率の良さと機能性の高さでお客様に大変好評でした」

お庭デザインの秘訣は「図面の上を歩く」

ガーデンルームを備えるとリビングが整然とする。竹内さんの発言を要約すれば、モノ単位にとらわれるのではなく、モノのつながりを眺めてコトを生み出す発想法と言っていいでしょう。

「当社のデザイン方針の一つは、『図面の上を歩け』です。現在はコンピュータ化が進んだおかげで、完成の様子がよくわかる立体的な図面をつくることができるようになりました。しかし、機械に頼りきりでは想像力が損なわれてしまいます。例えば、庭に木を植えたなら、その木をかすめて室内に吹いてくるのはどんな風なのか。池を置いたなら、水面にどんな光が映るのか。そうした感覚的要素をつかみ取るというのが、『図面の上を歩け』なのです。特に重要なのは、庭だけ切り離して考えないこと。庭だけにとらわれないガーデンプランを立てること。私たちが提唱するアウトドアリビングは、庭も居住空間とし、自然を感じられる日常生活を過ごしていただくことを最大の目標としているのです」

理想の庭づくりはお客様の“3つの不”を取り除くこと

竹内さんが語るモノのつながりを第一に置いた逆転の発想は、庭づくりを検討する人々にとっても大いに役立ちそうです。とは言え、逆転以前に何から手をつければいいか迷うのも一般ユーザーの悩み。どんな相談の仕方をすればいいのでしょうか。

「まずは私たちがお客様の“3つの不”を取り除けるよう、しっかりお話を聞かせていただきます」

竹内さんの話には、思わず聞き返したくなるフックが常に用意されています。だからやはりたずねてしまいます。3つの不とは?

「不安、不満、不足。そこをしっかりリサーチし、全て解消した上で先に進む。もしお客様にアドバイスするとしたら、どんな些細なことでもお困り事があれば、遠慮なさらずストレートにおっしゃってください。そこから私たちは最適な答えを導き出せるよう努力します」

いわゆるヒアリングでたずねるのは、家や庭の広さといった実データや希望の庭イメージだけでなく、そこに住まう人々の暮らし方や趣味にも及ぶそうです。

「不満の解消を果たしたこんな施工例がありました。ご主人の趣味は釣り。それに関して奥様は、反対はしないまでも困っていることが一つあったのです。釣った魚を自ら捌いて調理するのもご主人は好きだった。そこで提案したのがガーデンキッチンのある庭です。ご夫婦ともに喜んでいただけましたが、特に奥様はホッとされました。これでようやく台所で魚を捌かれなくなると」

庭は家族の絆を生む空間の一つ

小噺のオチのような事例ではありますが、しかし新しい庭づくりを行うに当たり、それまでの生活全般で抱えていた“3つの不”を庭によって解消するというのも、素人には考えつかない発想です。

「アウトドアリビング、または自然浴において、家族の絆をもっとも強く感じるシーンは、やはり食事ではないでしょうか」

前編では、タケウチ創業者である竹内さんの実父が庭でサンドイッチをつくってくれた思い出が語られました。

「私にも娘がいまして、中学生になったあたりかな。反抗期という程強烈ではなかったのですが、父親と距離を置くようになりまして……。それでも彼女たちが幼い頃から続けているバーベキューを庭のデッキでやるというと、一目散で家に帰ってきます。時には私より先に炭を熾したりしてね。その場で久しぶりに娘の近況を聞けるのも嬉しいものです。それが自分の家族を通じて得た庭の素晴らしさ。庭を切り離して考えないというのは、やはり庭も家族の絆を生む空間の一つだからです。そこで育まれる豊かさを一人でも多くの方に知ってもらいたい。それがおそらく私の目標ですね」

実は竹内さんにはもう一つ、より壮大な願いがあります。庭のつながりによるランドスケープの創造です。

「一軒ごとの庭が魅力的になっていけば、日本の景観が美しくなっていく。そんな視点も持っています。だいぶ大きな話になりましたが、かと言って小さな庭づくりが嫌いとか受け付けないというわけではありません。むしろ厳しい条件ほど大好きです。なぜなら、居住空間と合わせてデザインする工夫に満ちているから。敷地の大小ではなく、暮らしやすさを整えた庭を提供し、そのつながりで街全体の景観がおしゃれに素敵に変わっていくとしたら、こんなに素晴らしいことはありません。その感覚がこの仕事に従事している者だけでなく、庭づくりをご希望されるお客様にも伝わったなら、想像を超える喜びが待っているかもしれませんね」

プロフィール

竹内 靖晴

1958年生まれ。株式会社タケウチ 代表取締役。創業者である父の急逝に伴い、大学在学中から同社へ入社。建築学部生として設計業務に従事した後、工事業務、営業業務を経て、1996年に代表取締役に就任。2016年には創業45周年事業として本社展示場の大規模リニューアルを敢行。「ガーデンギャラリータケウチ“GALLERIA”」と名を改め、来たる50周年に向け、庭空間から始まる上質な暮らしのアイデアを発信し続けている。


HP:http://www.takeuchi-aoi.co.jp/

Text: 田村 十七男
Photos:大石 隼土