自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.10.12

株式会社エクセル・代表取締役 川畑 貴志さん【後編】

庭づくりのキーマンは誰? 家族全員が主役の、家族の人生に寄り添う庭づくり

SHARE

庭づくりのキーマンは誰? 家族全員が主役の、家族の人生に寄り添う庭づくり
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

前編では幼少期の経験や現在の趣味などを通じて、自然と触れ合う魅力を語っていただいた、大阪府守口市の株式会社エクセルの代表取締役 川畑 貴志さん。では、実際にお庭をつくっていく際には、どんなことに気をつければいいのでしょうか?川畑さんに相談される方の多くは、庭の手入れをする時間がなかなか取れず、雑草が伸びきってしまったお宅が多いそうですが……?

「今すぐ何とかしたい」そんな時こそ。お庭でしたいことを家族全員で考えるチャンス

「うちにいらっしゃるお客様は、雑草が伸びてしまって『何とかして欲しい』とお困りになって相談に来られる方がとても多いです。家を建てて5年~10年の方からの相談も多いですね。特に奥様からお話がある時は、『手入れが大変だ』という悩みを抱えています。ですから、『手入れを楽にしたい』ということであれば、それに合った素材を選んで、手入れが必要なスペースを減らすことも考えます。そこにご家族の『こんな風に遊びたい』というニーズを加えてお庭を考えることが大切です。また、お庭を整えると生活スタイルが変わっていくことも多いので、後々不具合が出ないように、後でも対応できることは急がずに、実際に生活していく中で、お客様自身に先のことを考えていただくのも大切です。最初に中途半端な形でつくりこんでしまうと、できることの可能性を狭めることにもなりかねません」

特にお庭のある生活に初めて触れる方の場合は、実際にお庭に触れる中で過ごしやすい形や、やりたいことが広がっていく部分もあるはずです。そうした変化に対応できるようにアドバイスしていくことが、川畑さんのお仕事のやりがいの一つだと言います。そのためには、最初からそのご家族のみなさんがやりたいこと、興味を持っていることを、正確に把握しておくことが大きなポイントになります。

「私たちがご相談を受けてお話を聞きに行く時は、奥様だけ、旦那様だけという形ではなく、できるだけご家族全員にお話が聞ける日に訪問するようにしています。例えば、旦那様からご相談を受けて『ガーデンルームに洗濯物は干さない』という話で進んでいても、そのお宅に伺うと、実際には奥様が洗濯物を干していたりするわけです。ガーデンルームで洗濯物を干せば、黄砂やPM2.5の影響を受けることがないというメリットもありますから、そういうことを旦那様にもお伝えすると、『なるほど』と理解していただくことができます。また、お子さんの意見も重要です。お庭と言っても、人によって使う時間帯はそれぞれです。小さいお子さんなら学校から帰ってくる一番暑い時間帯での過ごしやすさが重要ですし、お父さん/お母さんなら夜にお庭でビールを飲めるような環境作りが必要かもしれません。また、お祖父ちゃん/お祖母ちゃんなら、みんながいない時に静かに使いたいということも多い。みなさんのそれぞれ使い方が違うので、ご家族全員の話を聞くことはとても重要です」

人生に寄り添うお庭づくりを支えるパートナー

お庭の楽しみ方は、ご家族の中でも様々です。だからこそ、全員の意見を反映させることで、ご家族にとって最も過ごしやすいお庭が完成します。そして、いいお庭ができあがることで、ご家族のライフスタイルはさらに変化していきます。そうした変化を長いスパンで考えていくことの大切さも、川畑さんがお仕事を通して実感したことでした。

「私たちは、お庭づくりに関してお客様と20年分の付き合いがあります。そのため、20年前にお庭にガーデンルームを設置したお客さまから、ガーデンルームを新しくしたいというお話で伺うと、お庭をつくった当初は小さかったお子さんが大きくなっていたり、独立されていたりと、ご家族の暮らしそのものが大きく変わっています。そして、『もともとはお子さんのためにつくったお庭を、今度は自分たちの趣味の部屋にしたい』など、お庭の役割も変化していきます。時間が経つにつれて、趣味が大きく変わられる方もいますね。お庭はご家族のライフステージによって大きく役割が変わるものなので、そうした変化とともにお庭を整えていくことが大切です」

ただお庭をつくるのではなく、そのご家族と一緒に“お庭を育てていく”ということ。そのために、エクセルでは自社の職人さんが施工を担当し、お庭を持つ方々との関係性を築いているそうです。

「お庭は“つくって終わり”というものではないので、その後『こうしていきましょう』というお話も大切ですし、職人さんも、できる限り同じ職人さんに向かってもらうようにしています。私たちだけでなく、職人さんもご家族と接する時間は長いわけですから、工期に作業を完了して終わり、という形ではなく、お客様との関係を築いてほしいのです。そうすることで、よりそのご家庭に合ったアイデアが、職人さんから生まれる場合もあります。お庭の施工を担当させていただいたお客さんのお宅に伺うと、『あの職人さん、元気?』という話になることもありますし、追加工事で同じ職人さんがお宅に向かったりすると、喜んでくださるお客様も多いですね」

ガーデンルームを階上に。そこは都会の空中庭園

とはいえ、都市部で暮らす方の中には、そもそも十分なお庭のスペースが取れない方も多いかもしれません。その場合、お庭を持つことは難しいのでしょうか?大阪で事業を展開する川畑さんならではの、新たに感じるお庭の可能性について伺うと、都市部では必ずしもお庭を1階に設ける必要はなく、近年では「2階、3階にガーデンスペースを設けるお宅も増えている」そうです。

  • 2階のバルコニーにガーデンルームを設置した例。1階は駐車スペースになっています。

「大阪はお庭に十分なスペースがとれない住宅も多いですが、最近増えているのは『2階や3階にガーデンルームが欲しい』という方です。現在の都市部の住宅は1階をガレージにして、リビングは2階に設計されているものも多く、そのため2階のバルコニースペースが大きく取られている住宅が増えています。そこにガーデンルームをつくることで、わざわざ1階に降りてお庭に出るよりも、『リビングの延長スペースとして、2階にガーデンルームをつくりたい』という方が増えているのです。大阪は特にそうですが、都市部のエリアではそんな風にガーデンルームを楽しむ可能性もあるかもしれません」

お庭の困りごとを解決し、ご家族にとって理想のお庭づくりをサポートすることで、「一家団らんの楽しい思い出をつくって欲しい」「その手助けをしたい」と語る川畑さん。担当するご家族のためのお庭について語るその表情は、とても優しい眼差しが感じられるものでした。

プロフィール

川畑 貴志

1972年生まれ。株式会社 エクセル代表取締役。高校時代、夏休みのアルバイトで職人さんと一緒にガーデンルームの組み立てを行なった経験から、エクステリアやお庭づくりに興味を持つ。エクステリアメーカーに就職し、専門店へのガーデンルーム販売を経験したのちに、株式会社 エクセルに入社。現場やメ-カ-での経験を生かし、今に至る。


HP:http://www.iemawari.com/

Text:杉山 仁
Photos:大石 隼土