自然浴生活 SPECIAL SITE

SHARE

PROFESSIONAL

2018.09.28

アイ・グリーン企画・代表取締役 飯阪 雅則さん【前編】

子ども時代の自然体験が今に活きる、好奇心をかきたてる空間づくり

SHARE

子ども時代の自然体験が今に活きる、好奇心をかきたてる空間づくり
日々の暮らしや住空間に物足りなさを感じているなら、それは“お庭”で解決できるかもしれません。天気に関わらず洗濯物を干せる場所が欲しい、日当たりのいい場所でくつろげる時間が欲しい、家庭菜園に挑戦したい、雑草対策など手間のかからないお庭にしたい……。お庭を活用して、自然を取り入れた豊かな生活を送るためのヒントを日本各地のお庭づくりのプロフェッショナルに伺いました。

エクステリア設置からフルオーダーの外構・お庭工事まで、大阪南部で「お客様の生活をより豊かにするお庭づくり」をテーマにした施工を手がけている、「アイ・グリーン企画」。お客様とのイベントも、積極的に行っています。機械メーカー勤務から、門外漢だったお庭づくりを手がける同社を興した代表取締役の飯阪 雅則さんに、お庭づくりへの想い、子どもの頃からの自然体験についてお話ししていただきました。

自然を通して子どものときに学んだことは、後に“知っている”という強みになる

飯阪さんが生まれ育ったのは、アイ・グリーン企画からすぐ近くの「和泉市の山間部。だから自然の遊びに困ることはなかったです」。

「縁側もある伝統的な民家で育ちました。このあたりは今も自然に恵まれた場所ですが、当時は今のような整備された道路もなくて、本当に自然の中で育ちました。根っからの自然児です(笑)。トンボやセミを捕まえに行ったり、畑においてある藁の中を隠れ家にしたり。竹を切ってツリーハウスのようなものを作ったこともあります。あの時はひどく怒られましたね(笑)。家でもよく遊びました。庭でかくれんぼしたり、ね。子どもの頃、家はかけがえのない遊び場だったんです」

そんな体験から今の子どもたちにも自然の中で思い切り遊んで欲しい、お庭という場所を通じて様々な経験をして欲しいと、飯阪さんは、いちご狩り、バーベキュー、パンづくり教室など、積極的にイベントを主催しています。

この春には、竹馬づくり教室を実施しました。

「今の子どもは竹馬なんてつくったことがないでしょう? 実際に竹を取りに行き、切るところから始めました。ノコギリなども普段、使うことがないですからほとんどの子は初めての体験です。それでもお子さんはやっていくうちに使い方のコツを覚え、上手になっていきます。使いながら自分で工夫していくんですね。昨今は刃物に触れるのは危険だからと避ける傾向にありますが、やってみないと力の加減がわかりませんから。こういった体験から得た知識は、将来なんの役にも立たないかもしれませんし、やがて役に立つことがあるかもしれません。いずれにしても体験を通し、“知っている”という事実は、とても大切なことだと思います」

知識はなくとも始めた仕事、好奇心と探究心で進みゆく

阪和自動車道を岸和田和泉ICで降り、車で約10分。アイ・グリーン企画の展示場には、魅力的なガーデンルーム、さらに敷地の奥にはツリーハウスが配されています。お庭づくりに特に関心のある方でなくても、「なんだか楽しそう」「ここは何をするところなんだろう」と、気になってしまうのではないでしょうか。

代表取締役の飯阪さんは、「好奇心をかきたてる空間づくりや、いかに庭でおもしろいことができるかという提案をさせていただきたいんです」と、温かみのある、そして頼り甲斐のある笑顔をのぞかせます。

飯阪さんは大学卒業後、機械メーカーに勤務。就職から5年ほどして、お父様が亡くなったのをきっかけに、弟さんと事業を興すことにしたと言います。

「父が残してくれた土地を利用して、何かを始めたいと考えていました。母の実家が植木に関する仕事をやっていて、よく弟が手伝いに行っていたんです。独立をするにあたって、その経験で得た知識を活かしてみてはどうかということになり、弟と一緒に独立しました。植木を使って、庭をつくるといった事業です。25、6年前のことでした。弟は植木についてある程度の知識がありましたが、私は全く植木や造園に関して知識がない状態でのスタートでした」

だからこそ、「かえって戸惑いはなかったんです」と、飯阪さん。さらに、「自分にはきっとできるはず」という確信のような想いがあったそうです。

「そうはいっても本当にわからないことだらけでした。通りすがりに、面白そうな現場を見つけたら、そんなやり方をしているのか、どんな風に工具を使っているのか、中をのぞいていました(笑)」

わくわくする時間はお客様とつくるもの

そんな風に会社をスタートさせてからほぼ四半世紀が経過しました。

「仕事は楽しいです、本当に。お客様のお家を引き立てるために、どのようなエクステリアを設計したらいいかを考えている──、とてもわくわくする時間です。お庭が完成していくと、そのお家自体もきれいになっていくんですよね。そんな風に、お家の周りが整い、お客様が喜んでくださるのを目の当たりにするのは、本当に嬉しいものです。図面を書き、それが完成したから終わりだというのではなく、ほかの会社が考えないところで、お客様に寄り添い、喜んでいただける仕事をしていきたいですね」

具体的に、どんなお庭をつくっていきたいのかと問うと、「お庭を通してお父さんとお母さんが仲良くなる場所をご提供できたら、と考えています」と、精悍な顔に少しはにかんだ笑顔を浮かべました。その時、飯阪さんの脳裏には、自然と深く関わった子ども時代の思い出がよぎったのかもしれません。

希望に満ちたお客様との会話

「お客様に満足いただける仕事をして、喜んでもらえるのはとても嬉しいこと。ただ、もっと嬉しいのは、『あなたに会えて良かった』と言っていただくことです」

地域に、そしてお客様に密着した仕事を展開している飯阪さん。飯阪さんの日常や想いを綴り、お客様に郵便で送っている瓦版「いいさか通信」は、すでに40号以上を数えます(ホームページで見ることもできます)。「お客様にどうしたら喜んでもらえるか。ご家族がどういう風にしたら笑顔で暮らしていけるかといつも考えています」と語る飯阪さんには、まだ使っていない土地を活かして、やってみたいことがたくさんあるそうです。

「グランピングのような施設をつくりたいですし、これからさらに需要を増していく、ドローンの操縦が体験できる場所も提供していきたいですね」

きっと子どもの頃、秘密基地を作っていたときと同じ目の輝きで、飯阪さんは心踊る未来を語ります。数年後、和泉市には一大レジャーランドが完成しているかもしれません。

後編では、飯阪さんに具体的なお庭づくりに関するアドバイスや、お庭を通じて伝えたいことについて詳しく伺っていきます。

プロフィール

飯阪 雅則

1957年生まれ。アイ・グリーン企画 代表取締役。大学卒業後、5年間機械メーカーに勤めた後、独学で造園・エクステリアの知識を身につけ、弟と共にアイ・グリーン企画を創業。自らチラシを一軒一軒ポスティングして仕事を増やす。「ガーデンルームは昔の縁側のように家族がくつろぎ、その絆を強くしてくれる場所」という信念から、その施工を広く手がけてきた。「お庭づくりを通して家族の幸せを考える」のがモットー。


HP:http://i-green.co.jp/

Text:長谷川 あや
Photos:松嶋 仁